tts
仮想通貨詐欺

情報商材や仮想通貨(暗号資産)のトラブルとは?騙された事例は?

情報商材や仮想通貨(暗号資産)のトラブルとは?騙された事例は?

情報商材や仮想通貨(暗号資産)のトラブルをご存知でしょうか。

インターネット上で取引される情報商材や仮想通貨は、詐欺に使用されている場合があります。近年では、10〜20代の若い世代にトラブルが増加しており、注意すべき詐欺の1つです。

今回は、情報商材や仮想通貨(暗号資産)のトラブルに遭わないための対策と、騙されたときの相談先を紹介します。

\返金請求の相談受付中/

情報商材や仮想通貨のトラブルとは?

情報商材や仮想通貨のトラブルとは?
情報商材や仮想通貨のトラブルとは、インターネット上で扱われる電子データや通貨を悪用した詐欺です。近年では10~20代の若い世代での被害者が増加しており、注意すべき詐欺の1つです。

情報商材や仮想通貨トラブルの概要について、それぞれ説明します。

情報商材のトラブル

情報商材トラブルとは情報商材の売買を利用した詐欺です。

情報商材とは、投資や副業、ギャンブルなどで高収入を得るためのノウハウとして、インターネット上で販売される情報です。商材の媒体は動画やアプリ、PDF、メールマガジンなどがあります。

情報商材トラブルの手口は以下のとおりです。

  • 商品を購入しても情報が送られてこない
  • 価値に見合わない情報商材を売りつけられる
  • 商品購入後に高額な契約を迫られる

情報商材トラブルでは、「簡単に儲かる」や「本日限定」、「先着順」など消費者の購買欲をあおり商品を購入させようとします。

仮想通貨のトラブル

仮想通貨のトラブルとは仮想通貨の取引を利用した詐欺です。仮想通貨は暗号資産とも呼ばれ、インターネットを通じて電子データとして取引されます。

仮想通貨トラブルの手口は以下のとおりです。

  • SNSで知り合った人に投資を勧められ、運用を始めたが出金できない
  • 仮想通貨の投資で儲かったため出金を求めると税金を要求される
  • 運用していた仮想通貨の取扱事業者と突然連絡が取れなくなる

仮想通貨トラブルでは、信用していた友人や恋人から儲け話を持ち掛けられ、お金を騙し取られてしまうケースが多いです。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

情報商材や仮想通貨トラブルで騙された事例

情報商材や仮想通貨トラブルで騙された事例
仮想通貨や情報商材トラブルの事例について、それぞれ紹介します。

紹介する事例は、公的機関である国民生活センターのホームページから参照したものです。

国民生活センターは、消費者に向けた注意すべき詐欺トラブルについて情報提供を行っています。相談事例や相談件数、傾向についても紹介しているため参考にしましょう。

情報商材トラブルの事例

情報商材トラブルの事例をご紹介します。

【事例1】「株取引でもうかる」という情報商材を契約したが、解約したい

インターネットで副業を探していると、株取引で1年後に2,000万円もうかるというサイトを見つけた。もうかる株の情報をメールで提供するとのことで、20万円で情報を購入するよう勧められた。大学生なのでお金がないと伝えると、クレジットカードを作るように指示され、カードの番号を事業者に伝えて決済した。しかし、指示通りにしても、株価の予想に必要なパソコンの設定ができない。高額で支払えないので解約したい。
(2020年10月受付 10歳代 男性)

引用:情報商材や暗号資産(仮想通貨)のトラブル |国民生活センター

【事例2】アフィリエイトの情報商材の契約をしたが、事業者と連絡が取れない

「アフィリエイトで簡単にもうかる」というインターネットの広告を見て、約3,000円のマニュアルを購入した。マニュアルにはたくさんの有料プランが紹介されており、事業者から電話で「有料プランに入らなければもうからない。高額なプランほど色々なサポートが受けられる」と言われ、65万円のプランを契約した。指示通りにブログを作り、毎日記事を書いたがもうからず、事業者と連絡も取れなくなった。
(2021年1月受付 20歳代 女性)

引用:情報商材や暗号資産(仮想通貨)のトラブル |国民生活センター

近年人気となっている投資や、副業に関する情報商材が多く出回っています。「必ず儲かる」といった、誇大広告ともとれる商品には注意が必要です。

仮想通貨トラブルの事例

仮想通貨トラブルの事例をご紹介します。

【事例3】SNSで知り合った人に勧められて暗号資産の投資をしたが、返金してほしい

SNSで知り合った人に誘われてセミナーに参加した。「日本円を暗号資産に換えて海外事業者の専用口座に入金すると高い利息がつく」と説明され、40万円を暗号資産に換えて専用口座に送金した。しかし、後日出金しようとしたらできなかった。約束通り利息をつけて返金してほしい。
(2020年10月受付 20歳代 女性)

引用:情報商材や暗号資産(仮想通貨)のトラブル |国民生活センター

【事例4】暗号資産で投資する契約をしたが、説明と違うので返金してほしい

大学の先輩から、いい話があるとセミナーに誘われた。「海外の事業者に暗号資産で投資をするとAIが自動運用し、月々10万円の配当がある。人に紹介するとさらにお金が入る」と説明を受けた。先輩に約50万円を預けるよう言われ、「お金がない」と言ったら「学生ローンを組めばよい」とローン会社に連れていかれた。10万円借り、残りは貯金から先輩に渡した。後日、事業者のホームページで入金を確認した。その後、さらに100万円を借りて投資したが全く配当は入らず、「現在出金手続きを停止している」という連絡がきた。 投資したお金は3万円程になってしまい、説明と違うので返金してほしい。
(2021年1月受付 20歳代 女性)

引用:情報商材や暗号資産(仮想通貨)のトラブル |国民生活センター

仮想通貨トラブルでは、友人や知人など身近な人から投資を勧められるため、断りにくいことが多いです。信用している人からの誘いでも注意が必要です。

騙されないための対策は?

騙されないための対策は?
仮想通貨や情報商材で騙されないためには、安易な儲け話や借金などは断る勇気を持ちましょう。成人年齢が引き下げられたことに伴い、18~19歳の被害者が増加しています。若いうちから詐欺事例を学び、知識を身に付けておくことも必要です。

「簡単に儲かる」という話は信じない

「簡単に儲かる」ことを謳う広告や、友人や知人からの誘いを安易に信じないようにしましょう。

特に仮想通貨は価格の変動性が高く、必ず儲かる方法や仕組みはありません。たとえ信頼のおける人物からの勧めでも、根拠のない発言は信用しないようにしましょう。

借金を勧められたら断る

仮想通貨や情報商材を勧められ、資金不足であっても借金をしてはいけません。詐欺師はクレジットカードの契約や、ローンを組ませてまで商品を勧めてきます。不審に思ったら、契約しないことをはっきり伝えて断りましょう。

成人となる18歳も注意!

仮想通貨や情報商材によるトラブルは成人となる18歳も要注意です。

2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられ、18歳や19歳を狙ったトラブルが増加しています。

トラブルに巻き込まれないためにも、事前に詐欺事例を学んでおきましょう。正しい知識を身につけておけば、怪しい誘いがあっても断る力になります。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

騙されたときの相談先は?

騙されたときの相談先は?
仮想通貨(暗号資産)や情報商材のトラブルに遭ったときの相談先には、消費者センターや弁護士事務所があります。公的機関である消費者センターでは今後の行動方針を相談できますが、詐欺師に返金を求める場合は法律事務所への相談が必要です。それぞれの機関について説明します。

消費者センター

仮想通貨や情報商材のトラブルに遭ったときは、金融庁が設置する最寄りの消費者生活センターや消費者生活相談窓口に相談しましょう。

消費者トラブルについて専門の相談員に相談に乗ってもらえます。相談した結果、警察に連絡すべきか、法的手段が必要かなどの行動方針を示してくれるでしょう。

どこの消費者生活センターに相談して良いかわからない場合は、消費者ホットライン「188(いやや)」に電話してください。最寄りの消費者生活センターや消費者生活相談窓口を案内してくれます。

弁護士事務所

仮想通貨や情報商材のトラブルの返金に関する相談先には弁護士事務所がおすすめです。

法律事務所に対応を依頼するには費用が必要ですが、騙されたお金が返金される可能性があります。弁護士は法律業務を行えるため、詐欺師へ返金請求ができます。

無料相談を行っている法律事務所もあるので、まずは返金請求が可能かどうか相談してみましょう。弁護士に依頼するかどうかは、無料相談をしてから決めることもできます。

被害に遭ったらまずは弁護士へ無料相談を

被害に遭ったらまずは弁護士へ無料相談を
被害に遭い返金を求めるのであれば、まずは弁護士事務所で無料相談をしてみましょう。

当事務所では、実績のあるベテランの専門家が対応するので、最適な解決方法を迅速に提案いたします。

無料相談はオンラインで24時間365日受け付けています。まずは無料相談を申し込んで、返金の可能性を確認してみてはいかがでしょうか。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.