実際にあった国際ロマンス詐欺の手口一覧|被害額○億円のケースも
tts
基礎情報

実際にあった国際ロマンス詐欺の手口一覧|被害額○億円のケースも

実際にあった国際ロマンス詐欺の手口一覧|被害額○億円のケースも

国際ロマンス詐欺という言葉そのものは、古い時代からある言葉です。

あくまでも主観的な話ですが、国際ロマンス詐欺が猛威を振るった「第一波」と呼ばれる時期は、今からおよそ7年ほど前となります。

そして、2021年頃から再び国際ロマンス詐欺の被害が全国的に報告されるようになりました。

中には被害額の合計が「億」にまで達してしまった方もいらっしゃいます。

本稿をご覧になり「もしかしたら」と思われた際には、残念ながら、その予感が恐らくは的中しています。

いち早く弁護士へご相談頂くことで、被害回復や二次被害の防止に努めましょう。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

【基礎知識】国際ロマンス詐欺とは

【基礎知識】国際ロマンス詐欺とは

国際ロマンス詐欺は名前の通り、外国人(国際)と恋愛関係(ロマンス)になる詐欺です。

恋愛関係という親密な関係で、色々なお願いをされるとついつい受け付けてしまう心理を悪用した詐欺です。国際版の結婚詐欺のようなものだと思ってください。

犯人はマインドコントロールが上手な場合が多く、被害がわかった後も受け入れられない人も多い特徴があります。

中には当事務所へご家族とともに来所され、弁護士と面談するその瞬間まで被害に遭われていることにお気づきでない、または受け入れられないという方も多くいらっしゃいます。

  • 荷物を送るからお金が欲しい:箱モノ詐欺
  • 投資に誘われてお金を搾取される:投資詐欺
  • 結婚を持ちかけてそのためのお金が、親兄弟への援助が必要:結婚詐欺

という様々な詐欺を絡めて、複合的に信用させることで被害者の方の金品を詐取せしめんとするケースが多数です。

【2022年最新版】国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説
国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説近頃、日本人でなおかつ中高年の方を中心に続発している詐欺被害があります。 それが『国際ロマンス詐欺』と呼ばれるものです。 国...

【公開】国際ロマンス詐欺の手口

【公開】国際ロマンス詐欺の手口

国際ロマンス詐欺の手口について具体的なものをご紹介します。
実際にあった事例についてはこの次の章でご紹介します。

美男美女の写真を用いる

犯人グループや犯罪組織の系列に関わらず、ほぼ全ての国際ロマンス詐欺に共通している手口です。美男美女のプロフィール写真を用いてマッチングアプリやSNSに潜み、被害者の方にコンタクトを取るというのが共通して見られる特徴です。

アジアンビューティの女性やイケメン外国人の男性から、マッチングアプリ・SNS経由でコンタクトを取るという流れです。

写真はネットで拾ってきたものであることも多いため、対策としてGoogle画像検索を用いて拾った写真であるかどうか確かめることも大事です。

ただしここまでの対策が取れる方はそもそもインターネットや情報技術に習熟されている方であり、犯行グループのターゲット層ではないという見方もあります。

職業は医師・軍人・投資家を自称することが多い

メッセージのやり取りの中で相手の職業が徐々に判明します。この中で彼らは職業を医師、軍人、投資家を名乗ることが多い傾向にあります。

また女性の場合、職業は名乗らずに投資家の知り合いがいる、と言って投資に誘ってくることも最近は多くなりました。

外国の医師だから、軍人だから、と、日本人から見れば馴染みのない文化やしきたりを挟むことで日本人の判断力を鈍らせるといった目的があるものと考えられます。

多少設定に不自然な部分があっても「外国ならこんなものだろう」と見逃してしまうのはこのためです。

すぐに親しい関係になる

すぐに親しい関係になる

マッチングした時点でこちらの容姿を褒めてきたり、ダーリン・ハニーなど、熱烈な呼び方を始めてくるのも特徴です。

まとめると彼らは距離の詰め方が尋常でなく、甘い愛の言葉に免疫のない日本人は、その言葉についつい嬉しくなり、信用してしまったり熱を上げてしまう特徴があります。

ところで1998年公開のアメリカ映画「ユー・ガット・メール」では、主演のトム・ハンクスとメグ・ライアンがお互い知らない者同士でメールのやり取りをしつつ、お互いの素性に気づかないまま惹かれあっていく・・・・という恋愛が描かれました。

これをイメージして相手に熱をあげてしまうと詐欺師の思うツボです。

現実には、ユーガットメールの世界は残念ながらほぼありません。

しかし、誰になんと言われようと好みの顔で、さらに外国人から熱烈な愛のアプローチをされると惹かれるものがあり、すぐに親しい関係になり泥沼にはまり込んでいく・・・というのが典型事例です。

なお、言わずもがなですが、写真のような容姿端麗な美女やイケメン男性が画面の向こうにいるとは限りません。

犯罪組織の担当者がアルバイトで、あるいは時給制で、もしかしたらシフト制で、メッセージを送っているというケースが一般的です。

様々な名目でお金を要求する

投資を誘ってきたり、親兄弟の病気で援助が必要と言われたり、一緒にビジネスをしたいといってきたり、あなたへのプレゼントを送るために必要と言われたり、拘束されてしまい保釈金が必要と言われたりとにかく様々な名目で金の無心が始まります。

このあたりは冷静に考えると、古くは昭和の時代から津々浦々で見られてきた結婚詐欺の手口とほぼ変わりありません。

【実例】実際にあった国際ロマンス詐欺の被害例

【実例】実際にあった国際ロマンス詐欺の被害例

ここからは実際にあった国際ロマンス詐欺の被害例についてご紹介していきます。

被害者の方のプライバシーに配慮し、一部再構成してお届け致します。

なお前提として被害に遭われている男女比率についてもご紹介しておきましょう。

当事務所へご相談を頂く方の比率としては、現在のところ男性の方が多い傾向にあります。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

またインターネット上でも男性の被害者が多いという特徴が散見されます。

しかし実際には女性の被害事例も相当数発生していると考えられます。

これはいわゆる「見えない被害者の数」ということもできるでしょう。

女性の方の場合、悪質極まりない事例ではあるものの性的な画像や動画を相手に送付して(させられて)しまっていることから、報復を恐れて被害を打ち明けられないというケースも見られます。

銀行員が送金を止めてくれた事例

2021年9月上旬、50代の女性が外国宛にドルで100万円以上を送金しようとした、という事案がありました。

この時、応対した銀行員が不審に思い、上司と共に女性を説得し警察へ通報したことにより詐欺被害が未然に防げたというケースがありました。

この事例は端的に言えば国際ロマンス詐欺の未遂事件といえるでしょう。

被害に遭う寸前だった女性の話によれば、SNSで知り合った海外在住の日本人医師を名乗る男から熱烈なアプローチを受け、結婚を持ちかけられた後「結婚した後に得られるお金を受け取るための費用を振り込んでほしい」などと言われ、送金に踏み切る落としたということでした。

なおこの応対した銀行員の女性は警察から感謝状が贈呈されています。

国際ロマンス詐欺で4500万円奪われた50代女性

日本に住む50代女性の方は、4500万円もの大金を国際ロマンス詐欺集団に騙し取られました。

相手はイギリス人軍人の男性を名乗っており、流れとしては突然Facebookで連絡を取ってきたイギリス人軍人を名乗る男性とメッセージのやり取りをしたことが発端でした。

相手は被害女性に対して「愛のプレゼントを送ることにした。部下に頼んで中東某国(※報道では具体的な国名が明記されていましたが割愛します)から発送した。受け取って欲しい」などと持ちかけます。

熱烈な愛の言葉に加えてプレゼントまで!と女性はイギリス人軍人との国際的なロマンスにときめき、プレゼントを待っていたということです。

その数日後、税関担当者を名乗る人物から被害者の元へメールが届き「日本への荷物の送付においては数万円程度の必要なので請求する」とのことでした。

件の軍人へ確認すると「後で必ず返すから税金を立て替えて荷物を受け取って欲しい」と言われ、被害女性の方は数万円の税金を建て替えるべく送金を実行しました。これが悪夢の始まりでした。

このあと「荷物の中に小切手が入っていた。小切手にかかる税金も発生するから払え」などの電話がかかってきたり、様々な理由で送金すること数十回。

最終的には4500万円もの大金を送金するに至りました。

米軍の女性兵士を装い、SNSで知り合った男性から59万円だまし取った

米軍の女性兵士を装い、SNSで知り合った男性から59万円だまし取った

男性をターゲットにした国際ロマンス詐欺事案であり、なおかつこのパターンでは犯人が警察に逮捕される事案となりました。

本事案では被害男性がSNSで知り合った女性軍人を名乗る人物と親密な関係になり、「輸送費を支払えば、400万ドルが入った荷物があなたの元へ届く」などと持ちかけて日本円にして59万円を振り込ませた事案です。

ちなみに犯人がよく名乗る職業に軍人があると先程ご紹介したとおりです。

このパターンでも比較的珍しい存在である、と日本人が多く考えてしまいがちな女性軍人という職業を持ち出している辺りに悪質性を感じます。

日本人男性が多く持つイメージの一つとしての、外国人の軍人となればやはり身体能力が高く様々なことに精通している人物だと考えてしまいます。

さらにここへ持ってきて女性軍人ということになれば、容姿端麗で運動能力も高く、そして国防のため身命を賭しているという素晴らしい人物と写ります。

しかし残念ながらこの事案でも報道の通り、犯人の素性は米軍の女性軍人とは似ても似つかぬ全く無関係な国籍の人物でした。もちろん、男性です。

日本の出会い系サイトのサクラなども、女性よりも男性の方が相手の心をくすぐるのに長けているということで、男性がよく使われる傾向にあります。

このことから国際ロマンス詐欺を仕掛けている犯人は、女性を名乗っていたとしても大多数が男性と思っておいて差し支えはありません。

それを証拠にメッセージのやり取りの中でビデオ通話ができることや、電話ができることはまず、ありません。なぜなら女性ではなく男性が中にいるからです。

場合によってはそもそも複数の担当者が交代で対応しているケースもあることから、プロフィール写真のような容姿端麗な女性軍人が出て来ることは物理的にないと言って差し支えないでしょう。

また軍人を名乗ることにより「戦地に赴いている為、軍の規則上、ビデオ通話や写真を撮影することが禁じられている」という言い訳もできてしまいます。

これは一般的な社会通念上で考えても日本国内の米軍基地内の映像や画像がSNSで公開されないのと同様に「一般的にあり得ること」と感じてしまうため、ついつい信用してしまうのです。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

50代の女性から約600万円を詐取した事案

50代の女性から約600万円を詐取した、ナイジェリア人男性が逮捕されたという事例もあります。

この事例でもSNSで知り合った男性が米軍の兵士だと職業を偽っており「君に会いに行くのに金が必要だ」などといって600万円の大金を詐取するに至りました。

この事例の特筆すべきポイントとしては犯人が日本国内に潜伏していたという部分です。

最近国際ロマンス詐欺の事案では日本に在住する外国人犯行グループやその手先が実行部隊になっているケースも珍しくなく、結果的に犯人が日本の警察に逮捕されることとなりました。

中には1億円以上の被害に遭った事例も

いわゆる語学学習・言語交換向けのインターネット交流サイトで知り合ったイタリア人男性を名乗る人物と深い恋愛関係になり、結果的に総額1億円以上の送金をしてしまったという日本人女性の方もいらっしゃいます。
このパターンでは最初はおよそ数十万円の被害だったところから、立て続けに請求が発生し、結果的に大変な金額を送金するに至りました。

マインドコントロールのような状態になっていたと考えられます。つまり送金を複数回行なっている段階で「引くに引けない」といった状況になっており、また様々な心理的バイアスの作用で最終的には資金が完全にパンクするまで送金させられてしまった事例と言えるでしょう。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

国際ロマンス詐欺にあわないためには

国際ロマンス詐欺にあわないためには

国際ロマンス詐欺の被害に遭わないようにするにはどうすれば良いでしょう。

国際ロマンス詐欺の手口を知っておく

国際ロマンス詐欺師がよく自称する職業や、手口を知っておくことで、「おかしいな?」と気づくことができます。

詐欺師は複数人で1人の人を演じたり男性が女性を演じたりと不自然な点が生じやすい状態でやりとりをしていることが多く、日によってメッセージの雰囲気が違ったりすることもあります。

オレオレ詐欺を筆頭に「特殊詐欺事案」も、手口を広く知っておくことでその予防に寄与することができます。同様に、国際ロマンス詐欺の手口を知っておくことは自衛において大切なことです。。

条件の良すぎる相手に警戒する

マッチングアプリ であまりにも綺麗な人からいいねがきたり、顔も収入も良い相手にあってもいないのに愛されてしまったり、と、条件が良すぎる相手には警戒しておいて良いでしょう。

会うまではLINEの交換をしない、会うまではお金の話をしない、というルールを定めておくのも一つの方策です。

お金を要求されたら慎重になる

お金を送ることは特に慎重に判断が必要です。お金を送らないと関係を切る、というようなことを言われたら、詐欺師である証拠とも言えます。

タイムリミットを作ることであなたの判断を鈍らせるための「マニュアル」なので、「こんな素晴らしい人ともう話せなくなる」等焦ってはいけません。

国際ロマンス詐欺の被害にあってしまったら

国際ロマンス詐欺の被害にあってしまったら

国際ロマンス詐欺の被害に遭ってしまった場合に取れる対策についてご紹介します。

【推奨】弁護士へ相談する

この方法が最も推奨できる方法であり、かつ実効性のある方法でもあります。なぜなら国際ロマンス詐欺は返金要求ができるケースもあり、また弁護士がそばにいることで被害回復に関する様々な法的見地からの相談に応じることも可能です。

またご本人が矢面に立たずとも、弁護士が代理人としてあなたの行為を代理できることから精神的な負担が軽くなるといった側面もあるでしょう。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

その他、警察や金融機関など関係諸機関とのパイプを持っているのが国際ロマンス詐欺やその他の金融事案に精通している弁護士の特徴でもあります。

弁護士はその職権で金融機関の凍結を申請することもできるなど、詐欺師グループに一矢報いる・または被害回復をするといった面でも有効な立ち回りが可能です。

まとめ

まとめ

今回ご紹介したように国際ロマンス詐欺は2021年頃から再び猛威を振るうようになっており、被害に遭われた方の中には1億円以上の被害に遭われた方もいらっしゃいます。

被害金額の多寡にかかわらず、国際ロマンス詐欺に遭遇してしまった場合・また疑われる場合には、いち早く弁護士へご相談いただくのが最も解決がスムーズとなる方法の一つと言えます。

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口

\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.