tts
基礎情報

国際ロマンス詐欺の相談窓口一覧|弁護士と警察どちらに相談すべき?

国際ロマンス詐欺の相談窓口一覧|弁護士と警察どちらに相談すべき?
  • 明確に国際ロマンス詐欺の被害にあったと判明している
  • 国際ロマンス詐欺が限りなく疑わしい事例に直面している
  • SNSで出会った外国人彼女から金の無心をされている
  • インターネットで知り合った外国人恋人から投資に誘われた

これらは全て、国際ロマンス詐欺の被害に遭われている可能性があります。

より踏み込んで申し上げるなら、このサイトへ辿り着いている時点で、残念ながら国際ロマンス詐欺の被害に遭われている可能性が極めて高いでしょう。

このサイトは国際ロマンス詐欺の具体的な手口や相談方法についてまとめているため、周辺のキーワードで検索されても、このページへたどり着くように設計されているからです。

国際ロマンス詐欺の被害が発覚したら、すぐにでも相談すべきです。

ここではどこに相談するのが適切か、また警察は動いてくれるのか、その他弁護士の介入は有効な手立てとなりうるか?など、国際ロマンスの相談窓口についてまとめています。

結論から言えば、弁護士へご依頼いただくのが最も「有効打」となり得ます。

特に国際ロマンス詐欺に関しての知見が集まっており、返金実績もある当事務所へご依頼いただくのが有効な選択肢です。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

【結論】国際ロマンス詐欺にあったら警察?弁護士?

【結論】国際ロマンス詐欺にあったら警察?弁護士?
国際ロマンス詐欺の被害が発覚したらどこへ相談すべきでしょう。

中には国際ロマンス詐欺の被害かどうか限りなく疑わしいという方もいらっしゃるかと思います。

また、ご家族などから「あなたは国際ロマンス詐欺の被害にあっている」と言われているが、本人としては単純に国際恋愛をしているだけでそれを信じたくない、または全く信じられないというケースもあります。

どちらのパターンでも、国際ロマンス詐欺の影がちらついている段階で以下に挙げる窓口へご相談されるべきです。以下は最も推奨できる順に並べています。

【推奨】弁護士に相談する

【推奨】弁護士に相談する
あらゆる方面から考察しても、弁護士へご相談されるのがベターな選択肢です。

特に国際ロマンス案件に習熟している弁護士にご相談を頂くと、被害金を返金させられるケースもあります。

加えて被害回復という面で考えられる場合、例えば個人情報を相手に引き渡してしまっていた場合や、性的な写真・動画を相手に送付してしまっていた場合など、どのように状況が転んでも弁護士が付いていればリアルタイムで方針決定が可能です。

「安心を得る」という側面もありますので、基本的には弁護士にご相談されるのが最も良い選択でしょう。

ところで、弁護士と言えば企業法務やいわゆる民事訴訟・刑事事件の弁護活動など、いわゆる「色恋」に絡む事案は受け付けないというイメージが一般的です。

しかし、その実、そんなことはありません。

実際には離婚問題や不倫、いわゆる恋愛に絡む様々な事案を取り扱うのも弁護士の仕事の一つです。

とりわけ、最近は国際ロマンス詐欺の事案が全国的に急増傾向にあります。

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
これを受けて当事務所をはじめとするいくつかの弁護士事務所が、国際ロマンス詐欺の対応に積極的にあたっています。

当事務所ではご相談費用は頂いておりませんのでお気軽にご相談ください。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

警察に相談する

多くの方が詐欺=警察と直結して考えるため、最近は国際ロマンス詐欺事案で警察へ通報される方も急増していると聞き及んでいます。

最も使えそうな手ではあるものの、実際には警察に相談しても門前払いであったり、取り合ってもらえないなど、悔しい思いをされる方が多いのが残念ながら通例です。

なぜなら警察と詐欺の相性は、元々あまりよくありません。

詐欺は相手の素性が極めてわかりづらく(本名と実家の住所を開示して詐欺を働く詐欺師がいないのと同じことです)、殊にインターネットと海外という二つの要素が組み合わさってしまうと、ほぼ一般的なレベルでの調査では犯人の特定が不可能です。

また古い世代・考え方を持つ警察官が担当になってしまうと、逆に説教されるなど非常に不快な思いをされる方もいらっしゃいます。

このようなことから、詐欺被害が発生した段階で警察へ直行しても警察が取り合ってくれる可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

警察が被害届を受理したとしても、実際に捜査が進むかどうかはまた別の話です。

NPO法人に相談する

NPO法人に相談する
国際ロマンス詐欺は一般的に被害額が大きくなる傾向にあります。少なくとも数万円単位で完結したケースはほぼ見られません。

金額が大きいものだと数千万円単位というケースもあり、状況によっては生活が立ち行かなくなるというケースもあります。

こういったケースが多くなってきている時代背景を受け、国際ロマンス詐欺師専門のNPO法人が設立されました。

こちらへ返金の方法や生活の立て直し・精神的なケアについて助言を得るという方法もあります。

ただしあくまでもNPO法人側で提供できるのは「支援」のみであって、実質的な「介入」ではありません。

よって弁護士や警察に相談しながら、組み合わせとしてNPO法人をと相談されるというのも一つの考え方となります。

NPO法人の公式サイトは以下となります。

【番外編】友人知人に相談する

友人知人、親族に相談するのも宜しいでしょう。主に精神的なケアの部分で効果が期待出来ます。人に話すことで状況が整理され、気持ちが落ち着く効果もあります。

また、人間誰しも強いストレスがかかると、自分の身に起こったことを取りまとめて他者へ相談することが難しくなるものです。

例えば警察へ行く前には「立て板に水」と言わんばかりに、雄弁かつ饒舌に被害体験談を話せていた方が、いざ警察で被害申告を行う段になると途端に言葉が出なくなり、しどろもどろで説明をし、警察官も要領が得られないまま相談が終わってしまったというケースもあります。

よって、警察への相談練習として友人知人に話をしてみるというのも一つの方法です。

その他精神的に参っていると被害届を出すと気力も起きなかったり、生活を立て直そうといったところまで気が回らないというケースもあります。

友人・知人へフランクに相談することで、エネルギーや活力といったものを取り戻すのも重要です。

【非推奨】相手を問いただす

【非推奨】相手を問いただす
推奨できる方法ではないものの、実際にこの方法に踏み切る方が多いのであえてご紹介しておきます。

詐欺師本人に問いただすという方法です。

この方法について詳細は差し控えるものの、端的に言えばデメリットが山ほどあります。

基本的には相手はある意味、理論武装しているプロ集団です。

プロに対抗できるのはプロという事で、弁護士にご相談頂き、いわゆる「下駄を預けていただく」のがベストな選択肢です。

上記を踏まえてご本人が自助努力によって相手を問いただす場合には、可能な限り詐欺の証拠を抑えつつ動かれる方が宜しいでしょう。

「詐欺師か」と問いただされて「はい、詐欺師です、ごめんなさい。お金は返します」となるケースはまず、ありません。

あくまでも犯人はあなたのお金が目的ですから、すでにある程度の送金を受けているならそのまま音信不通になる可能性が高いでしょう。

それよりももう少しお金が送れるようなことを匂わせつつ、相手とのコミュニケーションを切らずに証拠をためておくことの方がまだ良いでしょう。

ただし、本稿をご覧の方が国際ロマンス詐欺の被害者ご本人ということではなく、そのご家族やお親しい方の場合は、国際ロマンス詐欺の被害に遭っているということに全く気付いていないケースも想定されます。

このような場合にはこれ以上の被害拡大防止のため、まず連絡をやめさせるようにしておきましょう。

ご相談いただければ弁護士が直接面談させていただき、ご本人の状況をお伺いしたうえで国際ロマンス詐欺の被害にあっているかどうかを判断することも可能です。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

【注意喚起】さらなる詐欺被害に注意

いわゆる性善説の方には信じがたいことがあります。

国際ロマンス詐欺の被害者救済を謳った詐欺集団も存在する、ということです。

ある日突然向こうから近づいてきて「今、あなたが連絡をとっている相手は国際ロマンス詐欺師である。ついては返金のため、集団訴訟に向けて動いている」などと話を持ちかけてきます。

その後「犯人グループをとらえるために事務処理の費用がかかる」などと言って、さらなる詐欺被害に巻き込もうとする動きが散見されます。

基本的には詐欺にあった後、向こうからコンタクトを取ってくるタイプの被害者救済組織は詐欺師とグルという可能性があります。

これは今から十数年前に爆発的な流行を見せた「ワン切り詐欺」や「ワンクリック詐欺」などでも見られた事例です。

以下は実際に起きた事例で“ベストフレンド詐欺”と呼ばれています。

【最新版】ベストフレンド詐欺とは?国際ロマンス詐欺との違い・特徴・手口を解説
【最新版】ベストフレンド詐欺とは?国際ロマンス詐欺との違い・特徴・手口を解説国際ロマンス詐欺に似た「ベストフレンド詐欺」について徹底的に解説した記事です。ベストフレンド詐欺の特徴から詐欺にあってしまったときの対処法、お金を取り戻したいときの相談先まで詳しく解説しています。当事務所では国際ロマンス詐欺やベストフレンド詐欺の相談を受け付けています。...

【そもそも】国際ロマンス詐欺とは

【そもそも】国際ロマンス詐欺とは
ここで簡単に国際ロマンス詐欺についておさらいしておきます。

外国人(国際)と恋人(ロマンス)関係になる

外国人とSNSやマッチングアプリで知り合って親しくなり、やがて恋人関係になるのが一般的な流れです。国際ロマンス詐欺の場合はここまでの期間が、極めて短期間という特徴があります。

具体的には2週間から1ヶ月程度の期間を経て詐欺を仕掛けてくるといったイメージでしょうか。

「国際人」と「ロマンス」している過程で詐欺にあうから、国際ロマンス詐欺です。

ちなみに相手が容姿端麗かつグラマラスな美女の写真を使っているからといって、写真の相手が本人とは限りません。

むしろ写真=本人の可能性は限りなく低く、モデルさんの画像やいわゆるインターネット上のフリー素材を使用しているケースが圧倒的大多数です。

余談ですが、実は海外でもこの手の詐欺は昔から横行しています。

そこで、海外のバラエティ番組で犯人と直接対決させるような企画が放映されていたこともあります。

日本のバラエティ番組でもこの手の番組を買い取って翻訳し、放送しているというケースがあるため、ご覧になったことがある方もいらっしゃるでしょう。

相手は名家の令嬢、軍人・医者、投資家を自称しているケースが多い

このような職業を自称し、あなたに近づいてくるのも国際ロマンス詐欺の典型的な特徴です。

なぜ日本人が国際ロマンス詐欺のターゲットになることが多いのか?

日本と海外は一般的に生活様式や文化も異なり、また日本ではいわゆる「軍人さん」や「従軍医師」と呼ばれる職業の方に馴染みがないというケースもあります。

「勝手がよくわからないことについては多少、不自然な部分があっても不思議に思わない」のが日本人の国民性と言って良いでしょう。

そこにつけ込む形で「設定が多少荒くとも問題あるまい」ということで国際ロマンス詐欺組織が日本人をターゲットにしているとも考えられます。

【2022年最新版】国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説
国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説近頃、日本人でなおかつ中高年の方を中心に続発している詐欺被害があります。 それが『国際ロマンス詐欺』と呼ばれるものです。 国...

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

国際ロマンス詐欺の犯人がいるサイトは?

国際ロマンス詐欺の犯人がいるサイトは?
詐欺師はどこであなたを狙っているのでしょう。

ここでは国際ロマンス詐欺のきっかけになる犯人との接触先の候補をあげておきます。

マッチングアプリ

代表的なのはTinder(ティンダー)タップル(tapple)などのマッチングアプリです。しかし詐欺師が用意したマッチングアプリで犯行に及ぶ場合もあります。

この場合、サイト利用料も一緒に請求される可能性があります。

このタイプの詐欺では入り口としてFacebook(フェイスブック)や、その他日本人にも馴染みのあるSNSが使われることが多いようです。

恋人関係になって詐欺を働くのが手口なので、マッチングアプリは彼らの漁場といって差し支えないでしょう。

美しい容姿の写真で様々な相手にいいねをつけ、誰かが釣り針にかかる「その時」を待っているのです。

なおマッチングアプリの多くはメッセージ交換に身分証明書が必要です。しかし彼らには身分証明書がありません。(正確には身分証明書なぞ、足がつくので出せない)

そこで、プロフィールにLINEID等、他の連絡先を載せているケースもあります。

マッチングアプリで仮想通貨詐欺が急増!3つの被害例を解説
マッチングアプリで仮想通貨(ビットコイン)詐欺が急増!3つの被害例を解説マッチングアプリで仮想通貨(ビットコイン)詐欺が急増しています!国際ロマンス詐欺とも呼ばれる手口です。当記事では実際の被害例を元に仮想通貨詐欺を持ちかけられた場合にどう対処すべきなのか、お金を戻す方法などについて解説しています。...

SNS

SNSを通じて詐欺師がコンタクトを取ってくることも少なくありません。フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどダイレクトメールが使えるものであれば「ところ構わず」出現すると思ってください。

大して親しくもない相手や知らない相手から急にDMがきたら、まずは警戒して然るべきです。

特に経営者層の方やいわゆるエグゼクティブと呼ばれる社会的立場がある方は、顔なじみではない方から突然SNSでコンタクト申請が来るケースもあるでしょう。

ついつい申請してしまいがちなところもあります。

しかしこれが実際の生活の中で起こったことだとしたらいかがでしょう。

例えば職業人としていわゆる「酒の席」にご参加されていたとして、突如、容姿端麗な外国人の美女が近づいてきてあなたに「べったり」となれば「春が来た」と思う前に、ハニートラップを想起されるのが通常ではないでしょうか。

そのように上層部より指導されている方もいらっしゃるでしょう。

これと全く同じ事が、Facebookや各種SNSで発生しているというだけなのです。

【国際ロマンス詐欺】SNS経由で海外FXトレード!解約手数料200万円を支払ったとたんにまさかの…
【国際ロマンス詐欺】SNS経由で海外FXトレード!解約手数料200万円を支払ったとたんにまさかの… 今考えたら、たしかに恋愛感情に近い気持ちは持っていたのかもしれません。 でも、まだ一度も会っていない女性と親密になったとし...

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

言語学習アプリ

言語学習アプリ
英語や中国語など外国語を学ぶことを目的に、外国人とコミュニケーションが取れるアプリが存在します。具体的な商標例を出すとハロートークが有名です。

イメージ的に国際交流サークルのインターネット版のようなものだと思ってください。ここでは言語交換が可能です。

このようなアプリにも、詐欺師は潜んでいます。勤勉実直たる諸紳士を食い物とするような、不逞の輩が潜んでいると言い換えても結構でしょう。

そもそも学習が目的なので、出会いを求めてくることが規約違反です。

言語学習アプリで仲良くなってから突如、全く違うSNSやLINEに誘導されるというのが言語学習アプリにおける国際ロマンス詐欺の最も多い手口です。

言語学習アプリ「ハロートーク」で詐欺!?仮想通貨やFXを勧められたら要注意
言語学習アプリ「ハロートーク」で詐欺!?仮想通貨やFXを勧められたら要注意HelloTalk(ハロートーク)経由で仮想通貨やFXなどに投資をして騙される「国際ロマンス詐欺」の被害者が急増しています。当記事ではハロートークでの詐欺事例から仮想通貨を勧められたときの対処法、禁止行為などをまとめて解説しています。...

直接Eメールがくる

外国人を名乗る人からメールがくることもあります。添付ファイルにイケメンや美女の写真がついていることも散見されます。

内容としては間違いメールを装ったパターンや、人の善意につけこんで返信を釣り上げるようなものが多く見られます。

一旦返信してしまうと、そこから運命を感じさせるような熱烈な愛のメッセージを送ってきて、その後に別サイトに誘導されるのが典型例です。

どちらかと言うと詐欺師側の「テストマーケティング」のような手口という見方もできます。

なぜなら別サイトに誘導された際に、そもそもメッセージの交換が有料というケースが多く、ここで国際ロマンス詐欺に引っかかるタイプの人物かどうか、また決済できるだけの方法や資力があるかどうか、また何よりも重要な「本当に決済する人物かどうか」を判断しているというケースが多いのです。

まとめ

まとめ
国際ロマンス詐欺の被害に遭われてしまった場合は、いち早く被害回復や個人情報の流出など二次被害の防止に向けて動かなければなりません。

どれだけ迅速に初動(弁護士への相談)ができるかで、今後の流れは大きく変わると言って良いでしょう。

そのままにしておくと失ったお金が返ってこないばかりか、さらなる二次被害が待っている可能性もあります。

具体的には、渡してしまった個人情報が悪用されてあなたが第二の加害者に仕立て上げられる可能性すらあるわけです。

まずは、どのようなことが起こっても対処できるよう弁護士へご相談いただくのが宜しいでしょう。

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口

\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.