tts
仮想通貨詐欺

仮想通貨のポンジスキームはどんな詐欺?手口と被害に遭わない対策も

仮想通貨のポンジスキームはどんな詐欺?手口と被害に遭わない対策も

「配当金があるから仮想通貨はきちんと運用されている」と確信を持っている方は珍しくありません。しかし、実際には資産運用が行われていない場合があるため、注意が必要です。

出資金を配当金に充てる詐欺の手口をポンジスキームといい、投資家が紹介料につられて会員の勧誘を行うことにより被害が拡大します。

ポンジスキームの手口や被害に遭わないための対策を確認し、詐欺師に騙されないようにしましょう。

\返金請求の相談受付中/

ポンジスキームとは

ポンジスキームとは
ポンジスキームとは、新規会員から集めたお金を運用せずに、既に出資していた投資家へ配当金と謳って横流しする詐欺です。実際には資金運用は行われておらず、新規会員が減って還元するお金がなくなると、詐欺師は行方をくらませます。

ポンジスキームでは、投資家を信用させるために少額からの出資を提案することが多く、投資歴が長い方でも騙されやすいため注意が必要です。

出資金を配当金に充てる詐欺

ポンジスキームは、新規会員の出資金を、すでに投資している会員の配当金に充てて運用しているように見せる詐欺です。実際は出資金を運用せずに、別の投資家へ横流ししているだけなので、新規会員が減るとシステムは破綻します。

ポンジスキームを使った仮想通貨詐欺では、投資を始めた直後には、実際にお金が還元されます。利用者は資金運用が行われていると思い込んでしまうため、騙されていることに気づきにくいのが特徴です。

仮想通貨投資を利用した詐欺の被害に遭わないためには、ポンジスキームの手口をしっかりと理解することが重要です。

ポンジスキームの手口

ポンジスキームの手口
ポンジスキームの主な手口は、5つあります。

  • 元本保証を謳う
  • 高い利回りをアピールする
  • 最初に配当金を支払う
  • 少額の出資から始めさせる
  • 紹介料を与えて出資者を増やす

ポンジスキームの手口の特徴を押さえて、仮想通貨詐欺を見破れるようにしましょう。

元本保証を謳う

ポンジスキームには、元本保証を謳って投資家を騙すという手口があります。元本保証とは、運用期間や経済状況にかかわらず、出資した金額以上のお金が手元に残ると保証されていることです。

ポンジスキームは、低リスクで投資を始めたいと考える初心者が騙されやすい詐欺といえるでしょう。

銀行の預貯金のように元本保証が可能な資産運用は存在しないため、「元本割れはしない」との謳い文句には注意しましょう。

高い利回りをアピールする

ポンジスキームでは、高い利回りをアピールするという手口が用いられます。

仮想通貨の価値は、社会情勢や経済状況によって変動するため、資産運用にはリスクがつきものです。高利回りを提示する投資に騙されてはいけません。

投資を始める際に高利回りをアピールされたら、紹介された仮想通貨に資金運用の実態があるかを調べましょう。

最初に配当金を支払う

ポンジスキームでは、出資し始めた直後には配当金が支払われるため、投資の初心者だけでなく経験者も騙されやすいという特徴があります。

実際には、新規会員から集めた出資金を横流ししているだけですが、配当金が支払われると業者のことを信用してしまいます。

配当金が支払われたからといって、資金運用が行われているとは限らないため、安易に信用しないようにしましょう。

少額の出資から始めさせる

ポンジスキームでは、少額の出資から始めさせるという方法が用いられます。詐欺師が少額からの出資を勧めるのは、低リスクをアピールすることで投資初心者でも挑戦しやすくするためです。

出資額が小さければ低リスクだと思い込んで次々に出資すると、詐欺に気づいたときには高額なお金を騙し取られていることがあります。

少額の出資から始めさせる資産運用でも、投資回数が増えると金額も積み重なり、低リスクとは限りません。資産運用を始めるときは、信用性や損失リスクを確認し、仮想通貨詐欺に騙されないようにしましょう。

紹介料を与えて出資者を増やす

ポンジスキームには、既に出資している投資家に紹介料を与えて、新規会員を増やすという手口があります。新規会員を増やして出資金を集めることで、継続的に詐欺をはたらけるようになります。

高額な紹介料につられて詐欺の片棒を担いでしまう方が多いため、ポンジスキームの被害は拡大しやすいです。

SNSを通じて知り合った人や友人などから、紹介料が発生する投資を勧められたら仮想通貨詐欺を疑いましょう。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

ポンジスキームの被害に遭わないための対策

ポンジスキームの被害に遭わないための対策

ポンジスキームの被害に遭わないための対策には、以下の3つがあります。

  • 知らない人からの紹介は避ける
  • 評判を調べる
  • 紹介料に誘惑されない

対策を確認し、仮想通貨詐欺に遭わないようにしましょう。

知らない人からの紹介は避ける

知らない人から紹介された仮想通貨や投資を安易に利用しないようにすることで、ポンジスキームの被害に遭いにくくなります。知らない人が勧める仮想通貨や投資は、詐欺の可能性があり、信憑性に欠けるため注意が必要です。

高額な紹介料を手に入れることを目的として、悪質な投資案件を紹介してくる可能性もあります。

投資を始めるときは、よく知らない人の話を鵜呑みにせず、信用できる仮想通貨かを調べることが重要です。

評判を調べる

ポンジスキームの被害に遭わないためには、投資先の実態や仮想通貨の評判を調べることが重要です。

ポンジスキームの被害者数に比例して口コミも多く寄せられるため、評判を調べることで信用できる仮想通貨かを確認できます。SNSやインターネットには偽の評判も溢れているため、すべての情報を信じず、取捨選択することが大切です。

詐欺の被害に遭わないように、金融庁の登録業者に事業者の名前があるかも確認しましょう。

参考:免許・許可・登録等を受けている業者一覧|金融庁

紹介料に誘惑されない

ポンジスキームの被害に遭わないためには、高額な紹介料に誘惑されて投資を始めないようにすることが大切です。

高額な紹介料で仮想通貨投資に勧誘して出資者を増やすのは、ポンジスキームの特徴です。紹介料に惹かれて投資を始めると、新規会員の勧誘により詐欺に加担することになる可能性があります。

紹介料が発生する資産運用の利用は避けて、ポンジスキームの手口に騙されないようにしましょう。

仮想通貨で詐欺被害に遭ったら当事務所へ

仮想通貨で詐欺被害に遭ったら当事務所へ
仮想通貨詐欺に遭ったら、詐欺師への返金請求に強い当事務所へご相談ください。

ポンジスキームをはじめとした仮想通貨詐欺の返金請求では、証拠集めや訴訟の準備を十分に行う必要があります。証拠集めや訴訟は、詐欺師の手口を熟知していないと難しいため、弁護士の力を借りるのがおすすめです。

仮想通貨詐欺の被害に遭ったら、泣き寝入りせず、当事務所とともに被害回復を目指しましょう。

当事務所では、気軽に悩みを打ち明けられるように、無料相談を受け付けています。投資詐欺への対処に困っている方は、ぜひ一度ご相談ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.