tts
FX詐欺

海外FXはリスクが高い?危険な理由と詐欺を回避するポイント

海外FXはリスクが高い?危険な理由と詐欺を回避するポイント

投資のなかでも、「海外FXは危険」と耳にしたことはありませんか。

海外FXは、詐欺目的の勧誘に注意するよう金融庁から警告が出ているため危険視されています。万が一、海外FXで詐欺に遭った場合は、一刻も早く弁護士へ相談しましょう。

本記事では、海外FXが危険な理由と詐欺を回避するポイント、被害に遭った際の対処法を紹介します。

\返金請求の相談受付中/

海外FXとは

海外FXとは
海外FXとは、日本の金融庁へ登録をしていない外国のFX会社へ口座開設し、取引を行うことです。

国内FXでは最大レバレッジが25倍に規制されているものの、海外FXでは制限がないことが特徴です。資金が少なくても高額で取引ができるため、大きな利益を出せる可能性があります。

高いレバレッジをかけることで大きな利益を狙えますが、リスクも伴います。海外FXは、投資経験が浅い初心者には不向きといえるでしょう。

海外FXの危険性が高い理由

海外FXの危険性が高い理由
海外FXの危険性が高い理由は、以下のとおりです。

  • 金融庁から注意喚起が出ている
  • 詐欺業者が多い
  • 出金拒否されるリスクがある
  • 税金が高い

信頼できる海外FX会社もありますが、詐欺を目的とした悪質な業者が存在することも事実です。海外FXが危険視されている理由を具体的に紹介します。

金融庁から注意喚起が出ている

海外FXが危険と言われる理由の1つが、金融庁から注意喚起が出ていることです。

金融庁へ登録をせずに取引の勧誘を行うことは禁止されていますが、海外FX業者を利用することは違法ではありません。しかし無登録業者とのトラブルが多く、悪質な業者が存在することも事実です。

海外FXを検討している場合は、金融庁からの注意喚起が出ていることを頭に入れておきましょう。

参考:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください|金融庁

詐欺業者が多い

詐欺業者が多いことも、海外FXが危険と言われる理由の1つです。

すべての海外FX会社が詐欺ではありませんが、国内のFX会社と比べると悪質な業者が多く存在します。詐欺業者の多くは資金の管理方法が曖昧であったり、突然音信不通になったりすることが多いです。

海外FXを始める際は、悪質な詐欺業者に騙されないためにFXについて知識をつけて、信頼できる業者を選びましょう。

出金拒否されるリスクがある

海外FXが危険視される原因は、利益が出ても出金を拒否されるリスクがあることです。

海外FX業者が詐欺目的である場合、さまざまな理由をつけ利益の出金を遅らせたり拒否したりして、資金を奪い取ります。詐欺ではなくても、大きな利益が出た場合にトレーダーが不正を行なっていないかチェックするために、一時的に出金拒否が起こります。

せっかく利益が出ても出金できなければ意味がありません。安全性の高い海外FX業者を見つけるには、口コミや評価を調べて出金実績も確認しましょう。

税金が高い

海外FXの危険性が高い理由の1つは、利益にかかる税金が高いことです。

FX取引で出た利益には税金がかかり、国内FXと海外FXでは税率が異なります。国内FXの場合は「先物取引に係る雑所得」に区分されて一律20%の税率に対し、海外FXの場合は「雑所得」となります。

国税庁に記載されている、所得額に応じた税率は以下のとおりです。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

引用:No.2260 所得税の税率|国税庁

海外FXでの利益が大きくなるほど税金も高くなるため、危険なイメージに繋がるようです。海外FXを行う場合は、税金についても理解しておく必要があります。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

危険な海外FX業者を回避するポイント

危険な海外FX業者を回避するポイント
危険な海外FX業者を回避するポイントは、以下のとおりです。

  • 金融ライセンスの有無を調べる
  • 資金の管理方法を確かめる
  • 海外FX業者の評価や運営年数を確認する

利用する海外FX業者について事前に調べ、情報を得ておくことが大切です。危険な業者を回避するポイントを押さえて、詐欺被害を防ぎましょう。

金融ライセンスの有無を調べる

危険な海外FX業者を回避するには、金融ライセンスの有無を調べることが大切です。

金融ライセンスとは、FX会社が金融業を行うための許可書のことです。各国の金融庁が定める基準をクリアしている証明となります。厳しい審査を通過して金融ライセンスを取得した業者は、安全性が高いといえます。

国によって基準も異なり、なかには簡単に取得できるものもあるため、金融ライセンスの種類も重要です。たとえば、英国金融行動監視機構(FCA)や全米先物協会(NFA)は取得基準が厳しく、信頼性が高いとされています。

所有している金融ライセンスの情報は、業者の公式ホームページで確認ができます。金融ライセンスについて記載がない業者との取引は避けましょう。

資金の管理方法を確かめる

危険な海外FX業者を回避して安全に取引を行うために、資金の管理方法を確認してください。安全な資金管理の方法は以下のとおりです。

  • 信託保全
  • 分別管理

信託保全は顧客の資金を信託会社に預けて管理することであり、分別管理は顧客の資金と運営資金の口座を分けることです。

国内FX業者は、信託保全が義務付けられ、万が一業者が倒産しても投資資金はトレーダーに返還されます。海外FX業者は信託保全の義務がないため、悪質な業者は顧客の資金を運営費として使うケースもあるようです。

信託保全や分別管理を導入し、正しく資金管理を行う業者を選びましょう。

海外FX業者の評価や運営年数を確認する

危険な海外業者を回避するには、運営会社の評価や年数の確認が欠かせません。

長期的な運営を行うには多くの顧客や信頼が必要なため、運営年数は信頼に繋がります。業者の公式ホームページを調べて運営年数を確認しましょう。また、SNSで検索して海外FX業者の評価を調べることも大切です。

運営年数が短かったり、トラブルについての口コミが多かったりする業者との取引は避けましょう。

海外FXで詐欺に遭った際の対処法

海外FXで詐欺に遭った際の対処法
海外FXで詐欺に遭った際は、以下の対処法があります。

  • 金融サービス利用者相談室へ問い合わせる
  • 弁護士へ相談する

海外FXで詐欺に遭った場合は、被害に気付いてから一刻も早く行動を取ることが解決への近道です。すぐにできる対処法を2つ紹介します。

金融サービス利用者相談室へ問い合わせる

海外FXで詐欺に遭った場合、金融サービス利用者相談室へ問い合わせましょう。

金融庁が開設している金融サービス利用者相談室では、投資や保険などの金融関連の質問や相談を受け付けています。海外FXを含めた金融サービスに詳しい相談員が対応し、他機関の紹介や的確なアドバイスが受けられます。

被害に遭った場合の返金交渉や手続きなどはできないものの、問題点の整理やアドバイスを受けることで、解決への見通しが立てられるでしょう。質問や相談は電話・ウェブサイト・郵送で受け付けています。

弁護士へ相談する

海外FXで詐欺に遭った際の対処法として、弁護士への相談があります。

海外FX業者は外国に拠点がある場合が多いため、個人での返金交渉は困難です。詐欺業者の性質や事件の手口、規模を見極めて返金交渉を行う必要があります。海外FX詐欺に詳しい弁護士事務所であれば、過去の経験を活かし、状況に合わせた効果的な方法で解決へ導いてくれるでしょう。

被害回復への一歩を踏み出すためには、弁護士への相談がおすすめです。無料相談を行なっている弁護士事務所もあるため、気軽に相談しましょう。

海外FXに関する相談は当事務所へ

海外FXに関する相談は当事務所へ
海外FX詐欺に関するお悩みは、当事務所へご相談ください。

当事務所では、海外FXを含めた投資詐欺被害の返金請求に力を入れています。詐欺業者の居場所や素性がわからない場合でも、弁護士の職権や過去の経験を活かして特定、被害解決へと導きます。

電話での無料相談は9時~21時で受け付けており、LINEでは24時間365日問い合わせが可能です。まずは当事務所の無料相談をご活用ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.