tts
マッチングアプリ・出会い系サイト

マッチングアプリですぐライン交換は危険!リスクや対処法は?

マッチングアプリですぐライン交換は危険!リスクや対処法は?

マッチングアプリで仲良くなってくると、ライン交換をしたいと考える方も多いでしょう。

マッチングアプリよりラインの方がスムーズにやり取りできるかもしれませんが、すぐにライン交換するのは非常に危険です。

本記事では、マッチングアプリですぐにライン交換するリスクや、被害に遭った際の対処法をご紹介します。

\返金請求の相談受付中/

マッチングアプリですぐにライン交換するリスクとは

マッチングアプリですぐにライン交換するリスクとは

マッチングアプリですぐにライン交換するリスクは、以下の3つがあります。

  • 個人情報が流出してしまう
  • 業者や勧誘のトラブルに遭う
  • しつこい連絡がきてしまう

マッチングアプリはやり取りに不便を感じやすく、使い慣れているラインを交換したくなりますが、会ったこともない人に個人的な連絡先を教えるのは危険です。

特に知り合ってすぐライン交換するのは、危険性も高くなりますので、リスクを十分に理解しておきましょう。

個人情報が流出してしまう

知り合ってすぐにライン交換をするのは、個人情報流出のリスクがあります。

マッチングアプリではニックネームを使用し、ラインは本名という方も少なくないでしょう。ラインの表示名は変更可能ですが、仕事で使用している場合やリアルな友人とのやり取りなど、本名でないと不都合な場合も多いです。

本名も、大事な個人情報です。会社や学校のHPなどに名前が記載されている場合は、職場や学校も知られてしまうことになります。

ラインのタイムラインをSNSとして使用している方は、さらに多くの個人情報が流出する危険性が高いでしょう。

業者や勧誘のトラブルに遭う

マッチングアプリには少なからず業者が紛れ込んでおり、ライン交換でトラブルに遭うリスクがあります。運営側も対策をしていますが、それを搔い潜って悪用する業者も多いです。

マッチングアプリ利用者のなかには、業者がなりすました人物に好意を抱いてしまい、勧誘を断れずトラブルに遭うケースがあります。最近の傾向では、特に投資に関するトラブルが増加しています。

ライン交換時のLINE IDや、QRコードを悪用される場合もあるでしょう。LINE IDの収集を目的としている業者もいるため、注意が必要です。

しつこい連絡がきてしまう

ライン交換をすると、やり取りがスムーズに行える分、しつこい連絡が来るリスクがあります。

ライン交換をした相手が危険人物ではなくとも、相性が合わなかったり恋人まで発展しなかったりすることも当然あるはずです。なかには、ライン交換の時点で付き合っているかのようにふるまう人や、断ってもしつこく付きまとってくる人もいます。

1日に何回もメッセージや通話をしてきたり、返事が遅いと文句を言ってきたりなど、ストーカー行為にも気を付けましょう。

FXや仮想通貨などの投資詐欺について弁護士に0円で相談してみる

マッチングアプリで危険な相手を見分ける方法

マッチングアプリで危険な相手を見分ける方法

マッチングアプリで危険な相手を見分ける方法は、以下の4つです。

  • すぐにライン交換を申し出てくる
  • プロフィールや顔写真が良すぎる
  • お金の話題をしてくる
  • ライン交換時に相手のIDを教えてくれない

上記に当てはまる場合は、危険人物や業者の可能性が非常に高くなります。相手をしっかり見極めることで、トラブルに遭うリスクを少しでも減らしましょう。

すぐにライン交換を申し出てくる

すぐにライン交換をしたがる場合は、危険な相手の場合があります。特に業者は、マッチングしてすぐにライン交換を申し出てくる傾向にあります。

業者はLINE IDや個人情報を収集するのが目的なので、やりとりは適当です。あきらかにライン交換するのはまだ早いと感じる場合は、危険な相手である可能性が高いので交換するのは避けましょう。

本当に仲良くなりたいと思っている相手であれば、直接会ってから交換しても遅くはありません。

プロフィールや顔写真が良すぎる

プロフィールや顔写真が良すぎる場合も、業者や危険な相手の可能性が高いです。目を惹くプロフィールにすることで、注目を集めています。

業者の顔写真は、ネット上の写真を流用していることが大半です。Google画像検索を使うとわかりますので、あまりに美男美女だと思ったら調べてみるとよいでしょう。

プロフィールのステータスが良すぎる場合も、注意してください。よく業者で設定されている職業は以下のものがあります。

  • 医者
  • 弁護士
  • 軍人
  • パイロット
  • 自由業
  • モデル

どの仕事も、一般的に高収入と言われている職業ばかりです。年収も1,000万以上と、ほかの一般ユーザーと比較して高めに設定されていることがほとんどです。

お金の話題をしてくる

お金の話題をしてくる相手は、非常に危険だと判断しましょう。マッチングアプリで投資や勧誘などをしてくる場合は、大多数が業者や詐欺だと考えてください。

出会いを探したり、相手と仲良くなったりするのに、金銭的な話をしてくることはまずありません。

業者は相手の個人情報やお金を巻き上げようとするのが目的なので、メッセージも雑になりがちです。会話が何かおかしいと感じたら、警戒しましょう。

ライン交換時に相手のIDを教えてくれない

ライン交換を提案したのが相手にもかかわらず、向こうのLINE IDを教えてくれない場合は業者だと考えていいでしょう。

ライン交換はどちらのIDを使用してもいいですし、QRコードの利用も可能です。QRコードはあとで変更できますが、IDは変更ができません。

断りづらい状況であった場合は、自分のIDを教えず、相手のIDを聞いてみましょう。

理由をつけて自分のIDは教えないのに、こちらのIDを何度も知りたがる場合は、LINE IDの収集が目的だと考えられます。

不審な相手とライン交換してしまった場合の対処法

不審な相手とライン交換してしまった場合の対処法

すでに不審な相手とライン交換をしてしまった場合の対処法は、以下の通りです。

  1. 相手のラインをブロックする
  2. ラインの設定を変更する
  3. 運営会社に通報する
  4. 弁護士に相談する

安易なライン交換は、トラブルに遭う可能性を高くしてしまいます。不審な人物と繋がっているのは非常に危険ですので、早急に対処することをおすすめします。

相手のラインをブロックする

簡単にできる対処法は、相手のラインをブロックすることです。ラインをブロックすることで、相手からのメッセージや通話を防ぐことができます。

実害が及ぼされる前にブロックしてしまえば、被害は最小限に済み、大抵の相手は諦めます。タイムラインの投稿も、ブロックで相手から見えなくすることが可能です。

ブロックのやり方は、友達一覧から相手の名前を長押しし、ブロックの項目をタップするだけです。簡単にできるので、まずはブロックして相手からの連絡を断ちましょう。

ラインの設定を変更する

ラインの設定を変更することで、被害を抑えられます。変更する設定は、LINE ID検索と、メッセージ受信設定です。

LINE ID検索の設定変更は、ラインの設定からプライバシー管理に進み、IDによる友達追加のタブからできます。こちらからLINE IDを教えてしまっても、LINE IDの検索をオフにすることで、知らないアカウントからの接触を防げます。

メッセージ受信設定はLINE IDと同じように、設定からプライバシー管理に進んでください。メッセージ受信設定のタブをオフにすれば、完了です。これだけで、ラインの友達以外からのメッセージ受信を拒否できます。

運営会社に通報する

運営会社に通報することも大切です。危険人物や業者をアプリから追い出すことで、同様の被害が広がるのを防げます。

もちろん、本当に危険な人物や業者だった場合に通報しましょう。気が合わない、なんとなく気に食わないという理由だけで通報するのはいけません。

弁護士に相談する

金銭的な実害があった場合には、弁護士に相談するのがおすすめです。

通報やブロックで今以上の被害は食い止められますが、実際に金銭的なトラブルになってしまった場合は法的手段をとりましょう。

法の専門家である弁護士に相談することで、何らかのアドバイスを得られる可能性があります。

FXや仮想通貨などの投資詐欺について弁護士に0円で相談してみる

マッチングアプリのトラブルは弁護士に相談しよう

マッチングアプリのトラブルは弁護士に相談しよう

マッチングアプリですぐにライン交換を行うのは、非常に危険です。

マッチングアプリ外での交流はあくまでも自己責任ですが、詐欺被害に遭い実害を被る方が多いのも事実です。実害がまだなくとも、ご紹介したリスクを理解して、安易にライン交換をするのはやめましょう。

すでにライン交換をしてしまった場合には、早急に対処することが大切です。

マッチングアプリでのライン交換をきっかけに、金銭的実害を受けた場合は、被害回復のためにも当事務所へご相談ください。

弁護士には守秘義務がありますので、家族や友人にバレたくない場合でも対応可能です。相談は無料となっていますので、困っている方は是非ご連絡ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.