tts
国際ロマンス詐欺

国際ロマンス詐欺は軍人を演じている可能性が高い?女性軍人に騙された事例を紹介

近年ネットを悪用した詐欺として注目される国際ロマンス詐欺ですが、女性のみならず男性も被害に遭っています。そして詐欺師が軍人を演じているケースも多数確認されています。

それではなぜ、女性軍人を語った詐欺が横行しているのでしょうか。

こんなあなたにオススメ!

・国際ロマンス詐欺の特徴についてわかる

・具体的に女性軍人を名乗る詐欺事例がわかる

・軍人以外にも国際ロマンス詐欺で注意すべき職業がわかる

・国際ロマンス詐欺の詐欺師が軍人を演じる理由がわかる

・国際ロマンス詐欺の可能性がある5つの危険なサインがわかる

当サイトでは、気軽に弁護士と相談してもらうため、LINEにてお話を伺っています。気になる方は、下記のリンクからラインQRを表示させ、登録してください。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

国際ロマンス詐欺とはどんな詐欺?特徴について

国際ロマンス詐欺とはどのような詐欺なのでしょうか。

「国際ロマンス詐欺」とは、インターネット上で出会った異性と恋愛関係を結び信頼関係を構築したうえで被害者から現金をだまし取る、詐欺の一類型であると説明できます。

ここ10年内でロマンス詐欺による被害報告は増え始めコロナ禍以降、対面での出会いが減りインターネットを利用して出会いを求める人が増えたことで、年齢を問わずこのような詐欺の被害に遭う人が増えています。

それでは国際ロマンス詐欺に共通する特徴を説明していきましょう。以下で説明する特徴に複数あてはまる場合には国際ロマンス詐欺の被害に遭う可能性がありますので注意してください。

SNSやマッチングアプリなどで出会うことが多い

まず国際ロマンス詐欺の詐欺師はフェイスブックやTwitterなどのSNSや、会員制の婚活アプリや出会い系サイト・マッチングアプリなどインターネットを利用して被害者に接触を図ってきます

この詐欺の特徴として、相手とのほとんどのやり取りがインターネットを利用したテキストを通じたやり取りで完結するという点を挙げることができます。

なぜならロマンス詐欺の詐欺師は架空の第三者に成りすまして、被害者に接触しようとする可能性が高く、インターネット上のやり取りであれば実際に被害者と顔を合わせる必要がないからです

国際ロマンス詐欺の場合、詐欺師は外国籍の軍人や医師(軍医)、弁護士、個人事業主などを語り、被害者にDMを使ってメッセージを送ってくるケースが多いです。この場合、相手方のSNSやサイトのアイコンも、一見して外国籍の人物だとわかる顔写真を設定していることが多いです。

早い段階から甘い言葉を使って口説いてくる

そしてこの詐欺の特徴として、被害者と連絡をし交流が始まった際には早い段階から甘い言葉や恋愛関係を匂わせる言葉を使って口説いてきます

国際ロマンス詐欺の詐欺師は最終的には被害者から現金をだまし取ることが目的です。したがって出会って間もない期間でも恋愛関係や結婚について言及する機会が増えます。やり取りの期間は詐欺師からすればいわゆる「準備期間」ですので、頻繁に積極的に連絡を取り合えるように努めます。この仕込み期間が重要になりますので、できるだけ懇切丁寧にあなたの言葉に耳を傾け、労を惜しまず連絡を送ってくれます

そうして被害者を信頼させるところまで人間関係を構築してから、現金を振り込ませる機会を虎視眈々とうかがっているのです。

送金や投資に参加させるなどでお金を騙し取る

2人の間で交流が続きある程度信頼関係が構築できた段階で話題はいよいよ本題の「お金の話」に移っていきます。

具体的には仕事の失敗やトラブルなどにより金銭的な援助が必要な事態になったり、投資をすすめて現金を預けさせたりするなどが典型的な手口です。

「プレゼントを送ろうとしたが税関で没収されてしまった。手数料や罰金を支払わなければならなくなってしまった」、「事業で失敗して損失を出してしまった。穴埋めをしたいが今現金が手元にない」などと巧妙に被害者に立て替え払いをするように仕向けてきます。

このほかにも「仮想通貨や株式に投資するように誘導」するパターンもあります。上記の事例では振り込みを指定された証券口座が実は偽サイトで現金を預けたが引き出せなくなったり、口座が凍結され多額の費用を請求されたりするケースも確認されています。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

軍人を名乗る女性に騙された事例はある?

上記ではロマンス詐欺の例として「軍人」を語る詐欺師を紹介しました。ここでは外国人女性の軍人を語るケースについて詳細な事例を解説していきます。

事例①シリアにいる米軍医を名乗る金髪女性と出会ったケース

この事例はフェイスブックを通じて軍医を語る外国人女性からダイレクトメッセージを通じて接触があったケースです。

この事案で、メッセージを送ってきた相手は「自称42歳のシングルマザーで10歳の娘がいる軍医」だということです。さらに大阪府出身のアメリカ人で現在はシリア内戦の国連PKOとしてシリアで任務に就いているというのです。(しかし当時国連はシリア内戦にPKOを派遣しておらず、シリアと国交断絶中のアメリカ軍がシリアに派遣されているという事実はありませんでした。)

男性が簡単な返事をすると数時間おきにメッセージが送られてきました。メッセージは英語によるやり取りがメインでした。しかしつづりのミスや文法の誤りが多くおよそネイティブスピーカーが書いた文書とは思えないほど不自然でした。日本語によるメッセージも送られてきましたが、自動翻訳にかけたと思われる不自然な文章でした。

上記のやり取りを2日ほど続けると、相手から「気に入った」「愛している」と好意を伝える内容がたくさん送られてきて、「除隊したあとには日本で一緒に暮らしたい」という内容が送られてきました

そして「シリアから荷物と現金を送る」と言い出し、住所と電話番号、LINEのIDなどの個人情報を聞き出そうとしてきました

これに対して国際ロマンス詐欺だと確信した男性は要求を拒否して、相手の素性を問い詰めたところ、今度は「実はアフリカ出身で、家族を支えるために現金を送って欲しい」と要請してきました。

男性が応じないで放置していたところ、別のユーザーから詐欺アカウントとして報告されたのか、相手方のアカウントが停止され相手からのメッセージが全て「悪用されたメッセージかスパムである」という警告文に置き換わってしまいました。当該アカウントは停止されたようですが、相手の名前で検索をするとシリア在住・医師などと名乗っている女性のアカウントが今でも複数ヒットします。

国際ロマンス詐欺についてSNSの運営側が詐欺アカウントであるとしてアカウント停止・削除したとしても、同様な別アカウントがすぐに立ち上がってしまっていることが見て取れます。

事例②女性兵士を装って約60万円騙し取ったケース

この事案では被害者である男性がSNSを通じて知り合った自称女性軍人から約60万円だまし取られた事例です。

この事案ではSNSで米軍の女性兵士を語るアカウントからメッセージが届き、交流を繰り返し親密になったところで、「あなた宛てに現金400万ドルが入った荷物が届く」「輸送費を支払えば受け取ることができる」などと連絡が来ました

男性は相手から言われるがままに輸送費として約60万円を振り込んでしまいました。

この事例では警察が国際ロマンス詐欺であるとして捜査し、メッセージの送り主はナイジェリア国籍の埼玉県在住の事件当時44歳の会社員男性であったと判明しました

詐欺をはたらいていたこの男性は仲間と共謀して被害者の男性に好意を持たせるような内容のメッセージを送り、被害男性から他にも2回、合計約440万円を振り込ませていることが判明しています。この事例で国際ロマンス詐欺を行った男性は逮捕されています。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

国際ロマンス詐欺で注意すべき職業は他にもある?

国際ロマンス詐欺では詐欺師が名乗りがちな職業がありますので以下紹介していきましょう。

まず上述のような「軍人・軍医」です。詐欺師が語る身分として、海外で任務にあたっている軍人や沖縄に駐留している在日米軍などさまざまなバリエーションがありえます。国際ロマンス詐欺の詐欺師が軍人を語るケースが多い理由としては、多少やり取りの中で不自然な話が出てきたとしても「軍の決まりなので仕方ない」として押し切ることができるというメリットがあるためです。

軍人以外には「医師」を語るケースも散見されます医師は一般的に高級取りであると認識されていますので経済的に裕福であると誤解させるために、医師を語る事案が多いのです。そして国際ロマンス詐欺の場合には医師であることを積極的にアピールするために手術着や白衣でプロフィール写真に設定しているものもあります。しかし実際の医師であればこのような写真をネット上で使用することはまず考えられません。

このほか、個人事業主や実業家、投資家を語る詐欺師もいます。このように個人で多額の資産を築いていると思われる職業の場合には、投資詐欺に誘導していくケースが多いでしょう。このような職業の場合にも金銭的に余裕があると誤解させることができ、「一緒にひと儲けしよう」「このビットコインやこの株式に投資すれば必ずもうかる」と誘導して現金をだまし取るケースが典型的です。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

国際ロマンス詐欺師が軍人を演じる理由について

それではなぜ、国際ロマンス詐欺で詐欺師が軍人を演じることが多いのでしょうか。

お金に困っていない=詐欺ではないと考えさせるため

外科医、精神分析医、米軍大将はアメリカの最も給料が高い職業トップ3です。軍人の給与額は各階級で異なりますが、従軍期間が長くなれば給与も高くなっていきます。職業軍人として長年従軍している人の場合、一般にお金には困っていないステータスの人物であるという印象を与えることができます

そのため現金の立て替え払いや投資の話題が出てきたとしても、まさか自分からお金をだまし取ろうとしてるとは考えられないのです。

社会的地位が高い職業を演じることで信頼を得やすくするため

また軍人は、規律を重んじ国家や組織のために忠誠を誓って活動しています。そのため詐欺師は軍人を演じることで社会的に地位が高く、信頼できる人物であるという印象を与えられることを利用しているのです。

このように社会的な信頼が高い職業を演じることは、経済的に余裕があるという以外にも「権威性」が増しますので、被害者に対して「こんな立派な人がお金をだまし取ろうとしているわけがない」と誤解させることができます

お金を貸しても返ってくるだろうと思い込ませるため

軍人は、規律を重んじ国家や組織に忠誠を誓って命をかけて活動しています。そのため道徳心・倫理観や忠誠心が強い人物であるという印象を相手に与えることができます。

そのため「軍人であるこの人が嘘をつくはずがない」「約束は必ず守ってくれるはずだ」と誤解させることができ、仮にお金を貸したとしても約束通りに返してくれるだろうと容易に思い込ませることができるのです

詐欺の手口として少額の金銭をやり取りして、最初のうちは約束通りにお金を返し、「やはり相手は約束通りにお金を返してくれる人物である」と思わせお金を貸渡すこ都に対するハードルを下げるための小芝居を打つ可能性もあります。その場合より多額の現金を受け取った段階で音信不通になってしまうケースが容易に想像できます。

結婚相手として魅力的なスペックであるから

また軍人という社会的な地位が結婚相手として魅力的なスペックであると考える人が多いというのも詐欺師が演じる理由のひとつです。

職業軍人は屈強で誠実、頼りがいがあるというイメージがありますので、性別を問わず交際相手・結婚相手として魅力を感じる人は多くいることでしょう。また日本には職業軍人が存在しませんので、具体的な軍人のイメージを身近な人物から連想することも難しいため、詐欺師が語るエピソードから立派な人物であると勘違いさせることも容易です

悲劇的なエピソードを作りやすいから

さらに軍人の場合には悲劇的なエピソードや境遇を簡単に創作することも可能です

高い倫理観・道徳心から軍隊に入隊して、平和維持のために活動しているという設定や、故郷に残してきた家族のために戦地で人道支援をしている、また戦地での活動中に仲間や友人を失ったなど同情をひくようなストーリーを捏造することも簡単です。

詐欺師が創作した悲劇的なエピソードを聞くと、被害者は自分にも何か相手のために助けになってあげたいと思ってしまいますので、お金を交付させやすくなるのです。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

国際ロマンス詐欺師かも?危険なサインをチェック

それでは国際ロマンス詐欺の被害に遭わないようにするために、どのように詐欺師を見破ればよいのでしょうか。やり取りの中で、これにあてはまったら国際ロマンス詐欺危険性がある5つの兆候がありますので以下で解説していきましょう。

プロフィール写真が美女であることが多い

まず、国際ロマンス詐欺の詐欺師はインターネットを通じて被害者に接触してくることがほとんどです。そのためSNSや出会い系サイト・アプリのプロフィール写真が美女であることが多いです。

国際ロマンス詐欺の詐欺師はハイスペックな人物を装うケースが多いですが、見た目が容姿端麗であるという点も重要なポイントです。なぜなら一般的に見た目が美しい人の方が人間関係を構築していくうえで「この人と仲良くなりたい」「また連絡を取りたい」と思ってもらえる確率が高まるからです。

ただそのような美女の写真は、詐欺師がインターネット上に存在する第三者の画像を無断で使用している可能性が高いです。したがってGoogle画像検索などで画像検索にかけることで当該アカウントが詐欺アカウントか否かが簡単に判明するケースもあります。

軍人や医師・実業家などを演じていることが多い

また詐欺師はハイスペックな人物を演じますので、見た目のほかにも職業や社会的な地位を偽っている可能性が高いです。

具体的には「軍人」や「医師」、「個人事業主」、「投資家」など経済的に余裕があるという印象を与える職業・社会的な地位を語ることが多いでしょう。お金に余裕があるという点も恋愛相手や結婚相手にするのに理想的なスペックであるといえるからです。

しかし、詐欺師は実際には軍人や医師を演じてるだけですので、表層的な知識や設定しか用意していないパターンもあります。そのため深く問い詰めるとボロが出て詐欺師であることが明らかになることもあります。

恋愛や結婚を絡めてお金を要求してくる

国際ロマンス詐欺の詐欺師は恋愛や結婚を匂わせて信頼させたうえで、それらにかこつけて金銭を要求してきます

例えば、「将来日本で結婚するための結婚資産を作るため」や「2人で共同生活を送るための生活資金を作るため」などと言って、事業の資金を負担させたり仮想通貨や株式投資に誘導したりするのです。国際ロマンス詐欺の詐欺師はできるだけ短期間の間に、被害者から現金をだまし取ろうと企んでいますので、交流間もない期間や少ないやり取りの中ですぐに恋愛関係や結婚について言及するような人物には警戒しておきましょう。

国際ロマンス詐欺の詐欺師は時間をかけることを嫌がりますので、あなたの「ゆっくりと時間をかけて考えたい」「大切なことなので慎重に進めたい」という態度を伝えるとピタっと連絡が途絶えるケースもあります。

エピソードに矛盾や違和感がある

国際ロマンス詐欺の詐欺師は架空の第三者を演じていますのでエピソードや設定に矛盾や違和感が生じてくることもあります

例えば軍人を主張する場合に、相手が言うような軍事作戦や平和維持活動を実際には行っていなかったり、実際にその地域に軍隊を派遣していなかったりするパターンもあります。国際ロマンス詐欺の詐欺師は、「被害者にそこまでの知識はないだろう」、「そこまで詳しく調べないだろう」と適当な作話をしている可能性も高いですので、実際に調べることで矛盾や違和感に気づけるパターンもあります。

日や時間帯によってメッセージの雰囲気が変わる

国際ロマンス詐欺の場合、日にちや時間帯によって相手方のメッセージの雰囲気や言葉の流暢さなどが変化する場合があります。

これは、国際ロマンス詐欺が組織的な詐欺グループによって実行されている場合に見られる現象です。つまり日にちや時間帯によってメッセージを送る担当者が変わることによって言葉遣いや日本語の使い方などに差が表れてしまうということです。

そのため日や時間帯で、やり取りしている相手が別人のように感じる場合には国際ロマンス詐欺の可能性があります。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

まとめ|国際ロマンス詐欺は軍人を名乗る可能性が高い

この記事では国際ロマンス詐欺の詐欺師が「軍人」を名乗る理由や、その具体的な手口について解説してきました。

インターネットを通じて軍人を語る相手に現金の支払いを要求されている場合、国際ロマンス詐欺の可能性があります。ご自身の事案で詐欺かどうかわからない既にいくらかの現金を振り込んでしまったという方は、当事務所の弁護士に一度ご相談ください。ケースによっては相手の氏名や住所が判明したり、支払ったお金を取り戻すことができたりする場合もあります。

お一人で悩まず是非国際ロマンス詐欺事件に精通した弁護士に一度相談することをおすすめします。

 

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
結婚詐欺で逮捕された実例はある?実際のケースや被害にあったらやるべきこと結婚詐欺で実際に逮捕されるケースはどのようなものなのでしょうか。この記事では実際に結婚詐欺の容疑で犯人が逮捕された事例をわかりやすく解説...
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.