tts
基礎情報

結婚詐欺師である男性は顔で見抜ける?その方法とターゲットにされやすい女性の特徴まとめ

「結婚詐欺」とは、結婚する気がないにもかかわらず異性に結婚を匂わせて接触して、結婚を口実に現金や財産などを騙し取るタイプの詐欺行為のことを指します。

相手の男性が結婚詐欺師かどうかは、相手の顔写真を見れば見抜けるのでしょうか。この記事では顔写真で詐欺師かどうかを、見抜く方法について解説していきます。

■この記事でわかること

・結婚詐欺師の男性を顔写真で見抜くための具体的な方法がわかる

・結婚詐欺師が良く使う手口を段階に応じて理解することができる

・男性詐欺師に騙されやすい女性の4つの特徴がわかる

当サイトでは、気軽に弁護士と相談してもらうため、LINEにてお話を伺っています。気になる方は、下記のリンクからラインQRを表示させ、登録してください。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

結婚詐欺師かもしれない男性とは?顔で見抜く方法について

結婚詐欺師の男性を顔で判別することはできるのでしょうか。

ここでは、SNSやマッチングアプリに登録している相手の顔写真などから、結婚詐欺師かどうかを判断する方法について具体的に解説していきます。

あまりに容姿が整った写真をプロフィールにしている

あまりに容姿が整った顔写真をプロフィール画像にしている男性結婚詐欺師の可能性があります。

具体的には、俳優やモデルのように容姿端麗な人物写真や、インターネット上から拾ってきたような宣材写真のようなイケメン画像には注意しておきましょう。

そのようなイケメンや美男子は容姿が美しいことから、SNS・マッチングアプリなどを利用しなくても交際相手は簡単に見つけられるはずであるにもかかわらず、インターネット上で顔もわからない不特定多数を募っているのは不自然であると考えるべきです。

むしろ、イケメンすぎる写真をプロフィール画像に設定しておくことで、結婚詐欺などのターゲットにできそうな被害女性を効率よく探そうとしていると考えることができます。

そのような写真の見分け方として、写真がやたら古そうな印象を受けたり、サブ写真が華やかなパーティーや高級車など「人生成功しています」感をアピールしているアカウントについてはお金目的の結婚詐欺師アカウントの可能性があります。

顔がよくわからない加工を施している

プロフィール画像やアカウント写真について、顔写真によくわからない加工を施している場合も注意が必要です。

この場合には、インターネット上に存在している第三者の顔写真を無断で使用しているものの、そのことを調べられないように顔写真を加工してごまかしている可能性があります。

そのような場合には、プロフィール画像以外に顔写真が写っている画像の投稿があるか否か探してみましょう。その加工された画像しかない場合には詐欺師がネット上の拾い画を悪用している可能性があります。

他にも加工された顔写真がある場合、同一人物だと言えるかどうか、プロフィールの人物と矛盾している印象を受けるか否かをチェックすることができます。

したがって、不自然な加工を顔写真に施している人物も要注意人物だということができます。

横顔や後ろ姿など人物を特定できない写真を設定している

横顔や後ろ姿など人物を特定できない顔写真を設定している場合も注意が必要です。

SNSやマッチングアプリの場合、不特定多数が自分を閲覧できるため具体的に人物を特定できないよな画像を設定しているユーザーも多いです。

しかし結婚詐欺師の場合も横顔・後ろ姿など人物の雰囲気を与えることができるものの具体的には容姿が確認できないような画像を設定している可能性があります。

そのようなアカウントの場合、自己紹介文や年収、職業、サブ画像などをチェックしてみましょう。

経営者や投資家、医者、弁護士で年収は1000万円以上など成功者を語っている場合にはあまりにも魅力的すぎる人物であるため、結婚詐欺師である可能性が高まります。

同じ顔写真を使っている人が他にもいる

同じ顔写真を設定している人が他にもいる場合には注意してください。

このような場合にはどちらのアカウントも、結婚詐欺アカウントの可能性があります。

過去の詐欺事例として、以前やり取りをしていたのと同じ顔写真のアカウントを発見したユーザーが、同一人物が名前を変えてアプリを利用していると誤解し「あなた、〇〇さんですよね。」と連絡を取りました。

しかし、連絡をしたアカウントは「そのような人は知らない」の一点張りで、プロフィールも自己紹介文も全く異なるため、本当に知らないような対応でした。

事の真相は、インターネット上に存在している第三者の画像をこれらの詐欺アカウントが無断で悪用していたというものでした。なぜそのようなことが発覚したかというと、連絡を取っていた方のアカウントがその後まったく異なる顔写真に差し替えられたからです。

したがって、同じ顔写真を使っているアカウントが他にも存在している場合には、どちらか、もしくはいずれのアカウントも詐欺アカウントであるという可能性があるのです。

結婚詐欺師の特徴は?男女別によくある特徴5つとターゲットにされやすい人の特徴を解説結婚詐欺の詐欺師は男女で異なる特徴があります。さらに詐欺の手口に特徴があるのみならず結婚詐欺のターゲットとされる被害者側にもある共通した...
arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

結婚詐欺師がよく使う手口について|流れに分けて解説

それでは結婚詐欺師はどのような手口を使うのでしょうか。ここでは結婚詐欺師がよく用いる手口について、詐欺の流れに即して解説していきましょう。

以下に解説するような手口に複数該当する場合には、連絡している相手は結婚詐欺師である可能性が高まります。

①SNSやマッチングアプリで出会った相手である

多くの結婚詐欺の事例では、結婚詐欺師はフェイスブックやインスタグラムなどのSNSやマッチングアプリや出会い系・婚活アプリを通じて出会うことが多いです。

なぜなら、特にマッチングアプリや出会い系・婚活アプリのユーザーは交際相手や結婚候補との出会いを求めて登録しているからです。

したがって、結婚詐欺の詐欺師はそのようなアプリ・サイトを利用することで、手当たり次第にダイレクトメッセージを送りつけて騙せそうな人物を効率よく探すことができるのです。

利用するSNSやマッチングアプリによっては、いくつものアカウントを作成することができ、複数の名前や複数の写真を利用してフェイクアカウントを作成してもバレない可能性が高まります。

また、マッチングアプリや出会い系サイトを利用してある程度やり取りを行った後は、LINEに移行してやり取りを続けようと要求してくることも多いです。

なぜならマッチングアプリや出会い会サイトを利用し続けている場合、他のユーザーから詐欺アカウントや迷惑ユーザーであることを運営側に通報・報告されて、詐欺師側のアカウントが停止・抹消されるリスクがあるからです。

そのためLINEであれば一対一の関係であるため運営によってアカウントが停止させられることがありません。したがって詐欺師はLINEに移りたがるのです。

以上より、結婚詐欺師はSNSやマッチングアプリで出会った相手である可能性が高くなります。

②早い段階から恋愛や結婚をちらつかせて口説いてくる

結婚詐欺師は、交流が開始した早い段階から恋愛や結婚をちらつかせて口説いてくるという特徴があります。

結婚詐欺師の最終的な目標は、ターゲットからお金をだまし取ることです。そのため濃密な信頼関係を構築する段階が早ければ早いほど、相手方からお金を貸してもらえる可能性も高くなります。

つまり、異性に対して恋愛感情を抱かせて、自分の思うままに相手をコントロールしてお金を出させようとしているのです。

交際が始まって早々に「恋愛関係」や「結婚」を意識させる言動が目立ち始める人物には要注意です。

具体的には「僕たちはすでに恋人同士も同然だ」「いつか結婚しよう」など直接的な言葉のほかに、「いつか一緒になろう・一緒に生活しよう」「僕たちはずっと仲良く生活していけそうだ」など間接的に恋愛・結婚を匂わせる言動をする可能性も高いです。

このような場合には、被害者側も恋人・結婚相手が見つかったことで舞い上がってしまい冷静な判断ができなくなることが多いのです。

しかし、異性交際や結婚の約束などはじっくりと時間をかけて慎重に判断すべき事柄ですので、出会って早々、恋愛や結婚に関する話がスピーディーに展開していく場合やあまりにも一方的に話が進んでいると感じられる場合には結婚詐欺を疑うべきでしょう。

③突発的な事情や将来のためにとお金の話をしてくる

連絡相手に恋愛感情を抱かせて、精神的に依存させる状態が出来上がった段階で、詐欺師はこれまで費やした投資分を回収する段階に入ります。

このような段階で、詐欺師は本題である「お金」の話題を振ってくるようになります。突発的な事情や将来のためといって被害者からお金の交付を受けようとはたらきかけてきます。

具体的には以下のような事情や言い分でお金を出させることが多いです。

・家族が病気で治療費が必要であるが、高額な医療費を捻出できない

・会社先との取引や運営している事業でトラブルを起こし損害を出してまい、損失を埋め合わせる必要があるが手元に現金が不足している

・2人の結婚式の資金や生活資金を捻出するために、外国株式や暗号資産(仮想通貨)投資で確実に利益を出せる方法がある など

被害者が相手に対して恋愛感情を抱いてしまっている心理状態では冷静に判断することは難しくなります。

むしろ騙されている当人は、「2人で協力して乗り越えるべき障壁である」と使命感すら感じてしまい相手にコミットしてしまうリスクがあるのです。

④お金の要求をする頻度や額が徐々に増えていく

結婚詐欺師は、上記のようにあの手この手で被害者にお金を支払わせようと画策します。

そして被害者の方も、「少額だから」絶対に返すと言ってくれているから」と安心してお金を貸し渡してしまいます。

これによって、被害者側のお金の交付に対する心理的ハードルを下げることができます

そして一度お金を貸し渡してしまうと、お金が必要となる事態が頻発して起こるようになったり、その金額がどんどん高額になっていく可能性があります。

この段階に至ると結婚詐欺もいよいよ大詰めです。結婚詐欺師は被害者からだまし取れるだけお金をだまし取ろうとします。

そして被害者側も支払いを拒否してしまうと前回とは矛盾した行動となり一貫性を欠くことになります。そのため前回と同様に「今回も自分が相手を援助してあげなければ」という潜在的な心理が被害者を突き動かしてしまうのです。

⑤お金を返すことなく突然姿を消してしまう

そして、限界まで被害者から現金をだまし取ったら結婚詐欺師は突然姿を消してしまいます

結婚詐欺師が姿を消す際には、被害者と繋がっているあらゆる連絡手段を断ちます。LINEはブロックされトークも通話もできなくなります。またマッチングアプリやSNSのアカウントも抹消され連絡が取れない状態となります。

相手方と連絡が取れない状態が数日続いたことから、ようやく被害者はこの段階で「自分は騙されていたのではないか」と目が覚めるというケースも多いのです。

結婚詐欺のよくある手口とは?使われがちなテクニックや特徴・見分け方まで解説結婚詐欺の手口は、客観的に見て非常に悪質です。 しかし、実際に被害を受けている人は結婚詐欺師に対して恋愛感情を持っていたり、あるい...
arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

男性詐欺師に騙されやすい女性の特徴とは?当てはまっているかチェック

それでは、結婚詐欺の被害に遭いやすいのはどのような特徴の女性なのでしょうか。

結婚詐欺は比較的女性が被害に遭いやすい犯罪であり、被害者の特徴についても一定の共通点がありますので、以下ご自身があてはまっていないかどうかチェックしてみてください。

結婚への気持ちが強く焦って相手を探している女性

結婚詐欺の被害に遭いやすい女性は、結婚への気持ちが強く焦って男性を探している女性です。

具体的に30代~40代の女性は結婚適齢期を過ぎ、周囲からのプレッシャーや自分の中で焦りが生じている可能性が高いです。

そのため、自分の理想に近い相手や、スペックが高い男性が目の前に現れた場合には「何とかこの男性をモノにしなければ」と焦ってしまうのも仕方ありません。

そして結婚詐欺師はそのような女性が冷静な判断ができなくなることを狙っているのです。

自分は騙されないと思い込んでいる女性

「自分は詐欺には騙されるわけがない」と思い込んでいる女性も、結婚詐欺の標的となる可能性があります。

そのような自信がある女性は、会社勤務でキャリアを積み仕事ができる優秀な女性である可能性が高いです。しかし、相手を信頼させたり相手の懐に飛び込むことは詐欺師の方が上手です。

したがって「自分は詐欺に遭うほどバカじゃない」「大手婚活サイトを利用してるから大丈夫」という過信は、詐欺師に付けこまれる原因になります。

恋愛経験が少なく男性との接点が少ない女性

また、恋愛経験が少なく男性との接点が少ない女性もターゲットにされる可能性が高いです。

なぜなら、独身期間が長く会社員をしている女性の場合は資産を多く持っている可能性があるからです。

また、男性経験が少ない女性は詐欺師とやり取りして「この男性は自分を選んでくれた」「これは運命に違いない」と舞い上がってしまい、このような恋愛感情を逆に詐欺師に利用されてしまう可能性があります。

恋愛感情が盛り上がった場合には、結婚詐欺を疑う気持ちや第三者からの忠告も全く耳に入りません。

最終的に多額の現金をだまし取られたことに気づいてから大きなショックと経済的なダメージを痛感する人も多いのです。

人生に物足りなさやつまらなさを感じている女性

人生に物足りなさやつまらなさを感じている女性も、結婚詐欺師に狙われやすい可能性があります。

具体的には特に日常生活の中に趣味や楽しみがなく、仕事にもすっかり慣れて習慣として出社・退勤を繰り返しているだけという人です。

このような場合新しい人間関係、とりわけ異性交際の場合には相手にのめり込んでしまう可能性が高いのです。

このようなタイプの女性は、交際相手がいなければ生きていけないと感じやすく共依存の関係に発展しやすく、「相手のために自分が頑張って援助してあげなければ」と考える傾向が強いのです。

したがってこのタイプの女性の場合は、結婚詐欺に遭った場合にも気づかず高額な現金をだまし取られるケースも想定されます。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

結婚詐欺かもと思ったら弁護士に相談してみよう

それでは、交際している相手・連絡を取っている相手が「結婚詐欺かもしれない」と思った場合にはどうすればいいのでしょうか。

まず、何も現金や財産を相手に対して交付していない場合にはすぐに連絡するのをやめましょう

財産を騙し取られなければ経済的な損害は何も発生していないため、犯罪は完成していません。あなたも具体的な被害を負っていないため原則として何の請求もできません。

もし相手に現金や財産を交付して返してもらえない可能性がある、逃げられたかもしれないという場合にはすぐに弁護士に相談してください

交付した財物を取り戻すには、相手方に対して不法行為に基づく損害賠償請求や不当利得に基づいて返還を請求していくことになります。

相手の氏名や住所などの個人情報が全く分からないという場合でも、弁護士に依頼すると携帯電話番号の情報などに基づいて調査できる可能性もあります。

そのため結婚詐欺かもと不安になった場合には、結婚詐欺の事件に精通した当所の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

出会い系詐欺相談は警察?弁護士?どちらがおすすめ?理由を合わせて徹底比較
出会い系詐欺相談は警察?弁護士?どちらがおすすめ?理由を合わせて徹底比較出会い系を利用していて、お金を騙し取られてしまった場合、誰に相談するか悩みますよね。 具体的には警察に駆け込むか、弁護士に相談する...
arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

まとめ:結婚詐欺師は顔写真で見抜ける可能性もある

この記事では結婚詐欺師は顔写真で見抜ける可能性があることを解説してきました。

結婚詐欺師には共通した手口や決まった「型」のような流れがあります。そのためそのような特徴を理解しておけば写真などから結婚詐欺を見破れる場合もあります。

しかし、相手は人の心理を利用して騙すプロです。そのため「お金を渡してしまった」「今後どう対処すればいいのか分からない」という場合には、必ず結婚詐欺に詳しい弁護士に相談するべきです。

あなたのケースで、とり得るベストな対処法をアドバイスしてもらうことができるはずです。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right
国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
国際ロマンス詐欺の被害相談は弁護士へ!行政書士・何でも屋・便利屋・探偵は実際どう?
国際ロマンス詐欺の被害相談は弁護士へ!行政書士・何でも屋・便利屋・探偵は実際どう?国際ロマンス詐欺の相談は弁護士から行政書士、便利屋に探偵など様々な業種が受け付けていますが、どこが良いのでしょうか。当記事では弁護士に相談するメリットから、弁護士以外に相談する際の問題点などについて詳しく解説しています。結論、国際ロマンス詐欺の被害相談は弁護士へ駆け込むのがオススメです。...
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.