tts
国際ロマンス詐欺

国際ロマンス詐欺師は外国人の名前を使っている?実際の事例と危険人物の特徴

国際ロマンス詐欺師の名前について気になったことはないでしょうか。

今回は、国際ロマンス詐欺の事例の中から実際に詐欺師が名乗った名前も交え、リアルな国際ロマンス詐欺の実状を紹介します。

ぜひ国際ロマンス詐欺の特徴を把握するためにも参考にしてみてください。

こんなあなたにオススメ!
  • 国際ロマンス詐欺とは何か基礎から知りたい
  • 国際ロマンス詐欺に使われた名前を含め、国際ロマンス詐欺のリアルな事例を知りたい
  • 国際ロマンス詐欺師など危険な人物の特徴を知りたい
  • 国際ロマンス詐欺に騙されないためにできることを知りたい

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

国際ロマンス詐欺とは?ネットで知り合った相手に騙される?

まず、国際ロマンス詐欺とはどのような詐欺なのかチェックしておきましょう。

国際ロマンス詐欺の代表的な特徴を紹介していきます。

国際ロマンス詐欺とは?
  • 出会いはマッチングアプリやSNSなどのネット
  • 早い段階から熱烈なアプローチをかけてくる
  • 結婚や恋愛をエサに送金や投資でお金をだまし取る

出会いはマッチングアプリやSNSなどのネット

国際ロマンス詐欺は、マッチングアプリやSNSなど、ネット上で詐欺師と出会うことが特徴です。

言い換えると、国際ロマンス詐欺師はマッチングアプリやSNSであなたをターゲットとして狙っています。

「婚活パーティーなどで出会った彼(彼女)が実は詐欺師だった」というような結婚詐欺とは異なるのが特徴です。

早い段階から熱烈なアプローチをかけてくる

国際ロマンス詐欺は、展開が早いという特徴があります。

出会ってすぐに次のような熱例なアプローチをかけてくることがあるのです。

国際ロマンス詐欺師が使う熱烈なアプローチの例
  • あなたは素敵な男性(女性)だ
  • あなたは私が理想としている男性(女性)だ
  • あなたのことを愛している

日本人だと恥ずかしくてなかなか口に出せないような言葉もかけてくるので、一般的な日本人からすると新鮮でしょう。

結婚や恋愛をエサに送金や投資でお金をだまし取る

詐欺だから当然とも言えますが、国際ロマンス詐欺では結婚や恋愛をエサにとって送金をさせられたり、投資させたりしてお金をだまし取ってきます。

後から冷静に振り返ると「おかしいと気づくべきだった」ということも、恋愛感情の前では薄れてしまっているのです。

国際ロマンス詐欺は、国内の結婚詐欺や恋愛詐欺と同様に、お金だけでなく人の感情まで傷つける悪質な詐欺といえます。

【名前あり】国際ロマンス詐欺で実際にあった事例は?

それでは、国際ロマンス詐欺で実際にあった事例を3つ紹介します。

国際ロマンス詐欺師が実際に名乗った名前などを交えつつ、リアルな国際ロマンス詐欺の実状に迫りましょう。

【名前あり】国際ロマンス詐欺で実際にあった事例
  • 事例①カナダ人男性・ノアに1200万円騙し取られたケース
  • 事例②外国人・アンディに甘い言葉で口説かれたケース
  • 事例③外国人・ジェイソンに投資に誘われたケース

事例①カナダ人男性・ノアに1200万円騙し取られたケース

最初に紹介する事例は、マッチングアプリで出会ったカナダ人の男性、「ノア」に1,200万円を騙し取られてしまった事例です。

被害者は青森に住む40代の女性。

ノアはカナダ人の36歳と名乗り、日本で人気のあるコミュニケーションアプリ「LINE」でやり取りをしていました。

日本ではLINEを使ってコミュニケーションを取るのは当たり前ですが、実は海外ではそうでもありません。

そのため、外国人からLINEに誘導された時点で怪しいと考えるべきです。

「自分の魅力があなたを征服できると信じています」など熱いやり取りが1週間続いた頃、被害者女性はノアから「将来のために」と仮想通貨に関する投資サイトに登録させられました。

親切に投資の操作について教わり、ノアの言われるがままに操作していると実際にお金が増えたそうです。

その後ノアから投資口座にさらに入金するように指示され、被害者女性は次々にお金を振り込んでしまいました。

ただ被害者女性も怪しいと感じたようで、ノアに「出金したい」と告げます。

ところがノアは出金に税金がかかると言ってきたので、消費者金融をはじめ知人や家族などから必死にお金をかき集めて総額1,200万円を振り込んでしまいました。

ちなみにノアが使っていたプロフィール写真は偽物で、後日、本物である日本人男性が見つかりました。

事例②外国人・アンディに甘い言葉で口説かれたケース

次に紹介する事例は、シンガポール生まれと名乗るアンディに甘い言葉で口説かれたケースです。

なおこの事例では実際に被害が出ていませんが、便宜的に被害者と呼ぶこととします。

被害者女性は、Instagramでアンディから海の写真に対するメッセージを受け取りました。

ただ、被害者女性はアンディのInstagramアカウントが出来すぎた内容で飾られていたことなどから、最初から相手を国際ロマンス詐欺師だと気づいていたと言います。

加えて、LINEに誘ってきたことなどから国際ロマンス詐欺師と確信したそうです。

ただその後もやり取りを続け、次のような言葉をかけてきました。

「日本は寒いから、毛布をかぶって暖かくして眠ってください。風邪をひかないと約束して」

このような会話を続けた被害者女性は、相手が国際ロマンス詐欺師とわかっていながらも楽しい会話だったと述べています。

ただし、楽しかった会話もついに終わりに近づきます。

アンディは仮想通貨に6年投資していると言い、取引を教えるから日本語を教えてほしいと言い出しました。

MT5(取引ツール)をインストールして海外企業のサイトで個人アカウントを開設。

そして1,000ドルを振り込んでほしいと指示されたようです。

被害者女性は負けじと、「アンディこそお金持ちだから私にお金を振り込んでほしい」と告げました。

アンディは次のように答えます。

「アンディはあなたが知恵を利用して利益を求めることを願っています」
「知識こそが一番大切だと思います。人に頼るのではなく、自分が強いのが本当です」

国際ロマンス詐欺師のアンディからは、とても立派な正論が述べられました。

ただ、その後アンディは被害者女性がお金を出す気がないと悟ったのか、返事を返さなくなったようです。

被害者女性はこの件について、幼少期の無垢なエピソードを語られると、相手があたかも今「純粋な子どもである」かのように錯覚してしまうと述べています。

事例③外国人・ジェイソンに投資に誘われたケース

最後に紹介する事例は、ジェイソンに投資に誘われたケースです。

ジェイソンとの出会いは女性登録無料のマッチングアプリで、プロフィール写真は韓流ドラマの俳優のようだったと言います。

そして、すぐLINEでのやり取りを提案されてLINEに移行。

ある日突然「Baby、今日の夜は忙しいですか?」と聞かれたので空いていると伝えると、「ドル資産の収益を操作することを教えることができます!」と言われます。

被害者女性は最初は断るものの、「2人の未来のためなのに信頼していない」と逆ギレされてしまいました。

最初は5万円で良いとのことなので、被害者女性はある日本人口座に5万円を振り込んでしまいます。

ジェイソンに教えられたまま取引を行うと、投資アプリの画面上ではその日1時間で137(USDT)の利益が出て、出金操作も完了。

翌朝には1万5,237円の利益が乗って投資元金5万円が銀行口座に振り込まれました。

次は50万円用意してほしいと言われますが、被害者女性は仕事が忙しいため投資は見送ったと言います。

結果としてこの例では国際ロマンス詐欺に遭ったものの、逆に儲けてしまったのです。

国際ロマンス詐欺師かも?危険な人物の特徴について

ここでは、国際ロマンス詐欺師かもしれない危険な人物の特徴を紹介します。

ぜひ実際に騙されてしまわないようチェックしておいてください。

国際ロマンス詐欺師かもしれない危険な人物の特徴
  • プロフィール写真がイケメンや美女の写真である
  • 医師や軍人などお金を持っている職業を装っている
  • すぐにLINEやメールに誘導してくる
  • 同情を誘うような悲しい話をしてくる
  • 甘い言葉や積極的なアプローチで恋愛感情を抱かせる

プロフィール写真がイケメンや美女の写真である

国際ロマンス詐欺師は、SNSやマッチングアプリのプロフィール写真がイケメンや美女であるのが一般的です。

Googleで画像検索をしてみるなど、一度相手のプロフィール写真が本物かどうかチェックしてみると良いでしょう。

医師や軍人などお金を持っている職業を装っている

国際ロマンス詐欺師は、医師や軍人などお金を持っている職業を装っているのが一般的です。

これもイケメンや美女と同様に、多くの人を騙すための手口の1つといえます。

あまりにも高スペックな外国人がいたら、国際ロマンス詐欺師ではないかと疑うようにしましょう。

すぐにLINEやメールに誘導してくる

この記事で紹介した事例でも多く見受けられましたが、国際ロマンス詐欺師はLINEやメールに誘導してくることがあります。

LINEは日本ではメジャーですが、海外ではそれほどでもありません。

LINEに誘導してきた時点で怪しいと思えるようになりましょう。

同情を誘うような悲しい話をしてくる

本記事で紹介した2つ目の事例にもありましたが、国際ロマンス詐欺師は相手を騙すために同情を誘うような悲しい話をしてきます。

例えば、幼い頃に親を亡くしてしまったという話です。

そのような過去を乗り越えて今に至るようなストーリーを話されると、同情してしまうようなケースも少なくありません。

ただし国際ロマンス詐欺はこのような嘘が当たり前なので、安易に信じるのは危険です。

甘い言葉や積極的なアプローチで恋愛感情を抱かせる

国際ロマンス詐欺師は、甘い言葉をかけたり、積極的なアプローチをしたりして急接近してきます。

日本人にはなかなかないアプローチで、外国人特有の魅力だと感じている人もいるかもしれません。

甘い言葉や積極的なアプローチをされるとつい気を許してしまいがちですが、国際ロマンス詐欺師の常套手段なので気をつけておきましょう。

国際ロマンス詐欺師に騙されないために心がけておくこと

最後に、国際ロマンス詐欺師に騙されないために心がけておくことを紹介します。

ぜひ今日から心がけておくように実践してみてください。

国際ロマンス詐欺師に騙されないために心がけておくこと
  • 知らない人からの突然のDMには警戒する
  • LINEやメールをすぐに教えない
  • プロフィール写真や情報は検索してみる
  • 送金や投資の話が出たら毅然とした態度で断る
  • 怪しいと思った時点で信頼できる弁護士に相談する

知らない人からの突然のDMには警戒する

国際ロマンス詐欺師との出会いは、常に突然のDMから始まります。

そのため、SNSやマッチングアプリで届く突然のDMには強く警戒しておきましょう。

イケメンや美女でお金持ちというハイスペックなプロフィールも、すべて嘘です。

国際ロマンス詐欺には騙されないという意識を持ちながら、SNSやマッチングアプリを利用しましょう。

LINEやメールをすぐに教えない

もしSNSやマッチングアプリで外国人とやり取りを始めたとしても、簡単にはLINEやメールを教えないようにしましょう。

何度か説明していますが、日本と比べ海外ではLINEの利用率は低めです。

相手がLINEに誘導してきたときは国際ロマンス詐欺であることを疑ってみましょう。

プロフィール写真や情報は検索してみる

プロフィール写真や相手から入手した情報は、インターネットで検索してみるのがおすすめです。

国際ロマンス詐欺師はプロフィール写真などをインターネットから入手していることがあるため、インターネットで検索すると一致する写真が見つかります。

もちろん国際ロマンス詐欺師も簡単には偽物だと検出できない画像を使う場合もあるため、検索して出てこなかっただけでは安心してはいけません。

送金や投資の話が出たら毅然とした態度で断る

国際ロマンス詐欺師は「2人の将来のために」などもっともらしく送金や投資を持ちかけてきますが、毅然とした態度で断りましょう。

この記事では「5万円くらいなら……」と考えてお金を振り込み、結果として儲かった事例も紹介しました。

ただすべてがそうなるとは限りませんし、危険なので安易にお金を送るのは避けましょう。

怪しいと思った時点で信頼できる弁護士に相談する

少しでも怪しいと思ったら、その時点で信頼できる弁護士に早めに相談するのがおすすめです。

仮に相手が国際ロマンス詐欺師でなくても、国際ロマンス詐欺に精通している第三者の意見を聞くとより安心できるでしょう。

国際ロマンス詐欺の手口をよく知っている弁護士は、次のようなアドバイスが可能です。

国際ロマンス詐欺に精通している弁護士がアドバイスできること
  • 騙されないためにはどうすれば良いか
  • 送金してしまった場合は返金の可能性がどれくらいあるか
  • 返金を受けるためにはどうすれば良いか

当法律事務所では、無料相談を受け付けています。

ぜひ少しでも怪しいと思った時点で、お気軽にご相談ください。

まとめ|国際ロマンス詐欺は外国人の名前を使っている傾向あり

国際ロマンス詐欺は、アンディやジェイソンなど、実際に外国人の名前を使って詐欺活動を行っています。

この記事では国際ロマンス詐欺の特徴を、実例を交えて紹介しました。

ぜひ国際ロマンス詐欺のことを知り、騙されないためにお役立てください。

 

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
結婚詐欺で逮捕された実例はある?実際のケースや被害にあったらやるべきこと結婚詐欺で実際に逮捕されるケースはどのようなものなのでしょうか。この記事では実際に結婚詐欺の容疑で犯人が逮捕された事例をわかりやすく解説...
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.