tts
FX詐欺

FX詐欺被害は警察に相談すべき?騙されないための対策と対処法3選

FX詐欺被害は警察に相談すべき?騙されないための対策と対処法3選

FX詐欺被害に遭ったら、警察に相談すべきかどうか判断に迷われないでしょうか。

FX詐欺被害の相談先として警察が第一に思いつきますが、問い合わせるまでの対処法も知っておくべき情報です。近年急増しているFX詐欺の被害に遭った際の相談先や、騙されないための対策について紹介します。

\返金請求の相談受付中/

FX詐欺に遭ったら警察に相談すべき?

FX詐欺に遭ったら警察に相談すべき?
FX詐欺に遭った際は、極力早く警察に相談することが大切です。警察に相談し被害届を提出することで、刑事事件として捜査され詐欺師の逮捕に繋がる可能性があります。

警察にFX詐欺の相談をし、被害届を提出したからといって、必ず受理されるとは限りません。FX詐欺の被害に遭わないことが最重要ですが、騙された場合は早期に適切な対処を行うことが肝心です。

FX詐欺に騙されないための対策

FX詐欺に騙されないための対策
FX詐欺に騙されないための対策は、主に以下の3点です。

  • 金融庁に未登録の業者と取引しない
  • 投資は100%リスクがあると認識する
  • マッチングアプリでの投資勧誘に乗らない

FX詐欺の対策をあらかじめ理解しておくことで、被害を回避できる可能性が高まります。FX投資を始めたいが、詐欺に遭わないか不安な方や対策を知りたい方は参考にしてください。

金融庁に未登録の業者とは取引しない

FX詐欺に騙されないための対策として、金融庁に登録されていない業者と取引をしないことが挙げられます。

FXや株式などの金融商品を扱う際には、金融庁へ業者情報を登録する必要があり、未登録の場合は勧誘や広告が行えません。未登録で金融商品を取り扱っている業者は、詐欺の可能性が非常に高いといえます。

投資を勧誘してきた業者が怪しいと感じた際は、金融庁に登録されているか確認することが重要です。業者の登録の有無は、金融庁のホームページで確認できます。

投資は100%リスクがあると認識する

FX詐欺に騙されないためには、投資は100%リスクがあると認識することも重要です。

FX投資は必ず稼げる方法はなく、損する可能性が付きまとうリスクの高い金融商品です。「必ず儲かる」「損はしない」といった勧誘は、詐欺師の常套句であるため宣伝文句に乗らないよう気をつけてください。FXアプリや自動売買ツールでも、高利益を得られると謳う場合は注意が必要です。

FX取引や投資を始める際は、業者の説明を100%信じるのではなく、自分自身で調べてリスクを判断しましょう。

マッチングアプリでの投資勧誘には乗らない

FX詐欺に騙されないための対策は、マッチングアプリでの投資勧誘には乗らないことです。

マッチングアプリには、出会いを求める人を狙った詐欺師が多く潜んでおり、恋愛感情を利用してFX詐欺に誘導する手口が横行しています。普段は騙されない方でも、マッチングアプリで出会った相手に特別な感情を抱いていると、判断力が鈍ることもあるため注意してください。

マッチングアプリで出会った相手が「2人の結婚費用」という名目で投資勧誘してきた際は、詐欺の可能性が高いため注意してください。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

FX詐欺を警察に相談するまでの対処法3選

FX詐欺を警察に相談するまでの対処法3選
警察にFX詐欺の相談をするまでの対処法は、以下のとおりです。

  1. 被害に遭った証拠と相手の情報を集める
  2. 追加入金や高額手数料の請求は応じない
  3. 警察へ被害届を提出する

詳細を解説していますので、FX詐欺の被害でお悩みの方や不安な方は今後の参考にしてください。

1.被害に遭った証拠と相手の情報を集める

FX詐欺を警察に相談するまでに、被害に遭った証拠と相手の情報を集めましょう。返金請求や訴訟、被害届を提出する際には、以下の証拠・情報が必要です。

  • 詐欺師の氏名・業者名・住所
  • 勧誘に使われた資料
  • 詐欺師とやり取りしたメール・メッセージのスクリーンショット
  • 詐欺口座・詐欺サイトのURL

詐欺師はお金を騙し取ったあとすぐに証拠隠滅を図るため、FX詐欺の被害に気づいた時点で、証拠や情報を集める必要があります。SNSやマッチングアプリなどのメッセージで詐欺師とやり取りをした場合は、スクリーンショットでの保存も効果的です。

2.追加入金や高額手数料の請求は応じない

FX詐欺を警察に相談するまでの対処法として、追加入金や高額手数料の請求には応じないことが大切です。

FX詐欺では何度も追加入金や、出金のための高額手数料を求められます。相手から請求されるままに手数料や追加出資金を支払ってしまうと、二度とお金は戻ってきません。FX詐欺だと気づいている場合は、追加入金や高額手数料の支払いに応じないでください。

FX詐欺の被害をわずかでも抑えるために、騙されたと自覚した時点で詐欺師にお金を支払うのは止めましょう。

3.警察へ被害届を提出する

FX詐欺を警察に相談するために、被害届の提出もできます。

警察に被害届が受理されると捜査が開始され、詐欺師の逮捕に繋がる可能性があります。警察へ被害届を提出する際には、詐欺師の情報や被害に遭った流れ、集めた証拠を提示してください。証拠や情報が不十分であると、被害届を提出しても警察が対応しないこともあり得ます。

被害届を提出することで、同様の事件を未然に防げたり、他の人が同じ被害に遭わないようにしたりすることに役立ちます。

FX詐欺に遭った際の警察以外の相談先

FX詐欺に遭った際の警察以外の相談先
FX詐欺に遭った際の警察以外の相談先は、主に以下の3つです。

  • 国民生活センター
  • 金融機関
  • 弁護士

FX詐欺被害に遭った際の相談先は警察だけではありません。FX詐欺被害の相談先を具体的に紹介していきます。

国民生活センター

FX詐欺に遭った際、国民生活センターに相談できます。国民生活センターは、消費生活に関する困りごとを専門の相談員が対応してくれ、適切なアドバイスを行なってくれる機関です。

消費生活センターは土日休業ですが、国民生活センターで相談の保管を行なっているため、原則として毎日利用が可能です。身近な消費生活センターや相談窓口が分からない方は「消費者ホットライン」188に電話することで、最寄りの相談先を案内してもらえます。

金融機関

FX詐欺に遭った際、金融機関も相談先の一つに挙げられます。

金融機関は口座を保護し、被害者の更なる損失を防ぐ対応が可能なため、FX詐欺による被害内容について相談してみてください。

FX詐欺の被害に遭い、お金を振り込んでしまった場合は「振込先口座の金融機関」に相談をしてください。金融庁が設置している「金融サービス利用者相談室」もFX詐欺についての問い合わせができ、適切なアドバイスや他機関の紹介を行なってくれます。

弁護士

FX詐欺に遭った際の相談先は、弁護士がおすすめです。

FX詐欺被害に遭い、返金請求をスムーズに進めるためには弁護士へ相談することが一番です。弁護士に相談すると、素早く現状を把握し、今やるべきことの指示をおこなってくれます。

FX詐欺案件の実績や経験があったり、投資詐欺に強く専門性があったりする弁護士であれば、よりスピーディーな被害回復が望めます。FX詐欺に強い弁護士であるかどうかは、事務所のホームページを確認することで見分けることが可能です。

FX詐欺に遭った際は当事務所にご相談を

FX詐欺に遭った際は当事務所にご相談を
FX詐欺に遭った際は、投資詐欺に強い当事務所にぜひ一度ご相談ください。

当事務所は投資詐欺の事案解決に豊富な経験と実績がある弁護士が対応しています。FX詐欺被害で失ったお金を取り返すためには早めの行動が肝心です。当事務所は電話・メール・LINEと24時間無料相談に対応しており、お気軽にご利用いただけます。

守秘義務を徹底しており、ご家族や友人に詐欺被害に遭ったことを知られずに着手が行えます。遠方の方でも、オンライン面談でご依頼が可能です。

FX詐欺被害にお悩みの方は1人で抱え込まずに、まずは当事務所の無料相談をご利用ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.