tts
国際ロマンス詐欺

【2022最新】Facebook(フェイスブック)で知らない外国人から友達申請が来たら国際ロマンス詐欺!?見分け方と対処法を解説

【2021最新】Facebook(フェイスブック)で知らない外国人から友達申請が来たら国際ロマンス詐欺!?見分け方と対処法を解説

『Facebook(フェイスブック)』は全世界の人と繋がれる、大変有益なソーシャルネットワークサービスです。

しかし、最近は国際ロマンス詐欺師がターゲットを探して活動・暗躍しているケースもあることから、知らない外国人から友達申請が来たら少し身構えた方が良いでしょう。

ここではFacebookで知らない外国人から友達申請が来た時の「国際ロマンス詐欺の可能性」について探っていきます。

こんなあなたにオススメ!
  • Facebookで知らない外国人から友達申請がきた
  • Facebookの外国人が投資を勧めてきた
  • Facebookの外国人を怪しいと感じている
  • 国際ロマンス詐欺について知りたい

当サイトでは、気軽に弁護士と相談してもらうため、LINEにてお話を伺っています。気になる方は、下記のリンクからラインQRを表示させ、登録してください。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

Facebook(フェイスブック)で横行中?国際ロマンス詐欺とは

Facebook(フェイスブック)で横行中?国際ロマンス詐欺とは
結論から言ってしまうと国際ロマンス詐欺とは、恋人関係(ロマンス)を装ってお金を要求される詐欺のことです。相手が外国人を自称する(または実際に外国人)ことから国際ロマンス詐欺と呼ばれています。

基本的に相手が外国所在のケースが多く、被害にあってしまうと取り返すのが難しいのが特徴です。

相手方の職業は軍人・医師・投資家・ビジネスマンを名乗るのが一般的です。

また、男性相手の場合、「実業家やすごい投資家が知り合いにいる」と話を切り出される場合もあります。

その他最近はシンガポールの名家令嬢を名乗ったり、中華圏の高官の娘を名乗るなど、様々な派生系が登場しています。

ただ、国際ロマンス詐欺はすぐに親しくなって恋人関係になろうとしてきたり、写真が整いすぎていたりと見抜けるポイントも多いのが事実ですのでよく見極めましょう。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

Facebook(フェイスブック)で知らない外国人から友達申請がきたら詐欺?彼らの狙いまとめ

Facebook(フェイスブック)で知らない外国人から友達申請がきたら詐欺?彼らの狙いまとめ
Facebook(フェイスブック)で知らない外国人からの友達申請が来た場合、どのようなケースが考えられるでしょう。

ここでは少し「Facebookで海外から申請が来た」という事例を、因数分解してみましょう。

国際ロマンス詐欺を狙っているケース

まずは、国際ロマンス詐欺でありあなたのお金を狙ってくるケースです。

残念ながらこのケースが最近急増しており、被害に気づかないまま送金してしまっているという方も非常に多くなっています。

急に中国人美女や東南アジア系のイケメンが友達申請をして「あなたは素敵だ」などの甘い言葉を投げかけてきた時には怪しんで差し支えないでしょう。

酷な話ですが、相手の目的はあなたではなく、あなたの財布です。

彼ら(さらに酷な話ですが、摘発・逮捕事例を鑑みるに相手の写真が金髪美女であっても、中身は男性というケースがほとんどです)はあなたからお金をだまし取るため、「一緒に投資をしよう」「会うためにお金を送ってほしい」など金銭を払うように迫ってきます。

国際ロマンス詐欺についてもっと詳しく知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

【2022年最新版】国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説
国際ロマンス詐欺とは?手口・返金方法・相談先など徹底解説近頃、日本人でなおかつ中高年の方を中心に続発している詐欺被害があります。 それが『国際ロマンス詐欺』と呼ばれるものです。 国...

【いたずら・迷惑行為の類】アダルト系の画像を送りつけてくるケース

女性に被害が多いパターンですが、性的な画像や映像を送りつけることで相手の反応を楽しんでいる人も存在します。

また、アダルトサイトに誘導して架空請求してくるケースも存在しているので、怪しいサイトを送られてきた場合はすぐブロックすることを推奨します。

ビジネスの勧誘をしてくるケース

ビジネスの勧誘をしてくるケース
一緒にビジネスをしよう、と勧誘してくるケースもあります。

初期費用が必要だったり商品の購入が必要だったりと、なにかと理由をつけてお金を要求されることも少なくありません。

純粋にビジネスパートナーを探すなら直接会ってお互いの理解を深めるはずなので、いきなりDMや友達申請をするのはやはり、不自然と考えられます。

純粋に友達を探しているケース

ごくごく稀ではあるものの、日本人の友達がほしい、というケースも存在はするでしょう。

しかしながらそういう場合、投稿への返信等オープンな場所で交流を深めてから友達申請、という流れになるはずです。

勧誘や怪しい行動はしてこないでしょう。

その他の特徴として日本の文化やエンタメに詳しいという側面もあります。本当の意味で日本のことを勉強しているのならテレビのバラエティ番組やアニメ作品の一つも知っていてしかるべきです。

例えば日本の有名なアニメ作品の一つとしてアンパンマンの話をしてみて、相手の反応が薄かったり理解していないようであれば、少なくとも国際ロマンス詐欺師の可能性が高いと言えるでしょう。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

Facebook(フェイスブック)で詐欺にあってしまった場合の対処法

Facebook(フェイスブック)で詐欺にあってしまった場合の対処法
Facebookで詐欺に遭ってしまった場合の対処法についてご紹介していきます。

ここでは具体的に国際ロマンス詐欺など金銭の被害を伴う詐欺にあった時を「被害」として定義します。

Facebook(フェイスブック)に通報

まずは、Facebook(フェイスブック)に連絡をしてアカウントを凍結してもらいましょう。

ただし、アカウントは複数ある場合が多く、潰しても潰しても彼らは新しいアカウントを作成してしまいます。

そのため残念ながら、アカウントを1つ消してもあまり効果はありません。

さらに、取られてしまったお金の回収という面ではほとんど効果がない上、相手が凍結されてしまうとメッセージのやりとりが見えなくなることもあります。

但し通報することで全体的に国際ロマンス詐欺師の撲滅に繋がることか、らいわゆる社会貢献の一環として推奨される行為です。

なるべく証拠保全をし、その後に通報を心がけるようにしましょう。

警察に相談

警察に相談する選択肢は一見効果のありそうな選択肢ですが、意外にも取り合ってくれないものです。

被害届を出しても犯人の素性が分かっていなかったり、犯人が外国にいたりすると立件が難しいため、被害届の受理が難しいとなるケースが多いからです。

どうしても警察へ相談して立件したい場合は弁護士へご相談いただき、然る後に弁護士同席のもとで被害申告を行うなど多少の調整が必要となります。

国際ロマンス詐欺について弁護士に相談してみる

カード会社に連絡

カード会社に連絡
クレジットカード決済で詐欺師側に支払ってしまっている場合、カード会社に連絡し事情を説明しましょう。この時必要なのは「過不足なくあったことを正直かつ正確に説明すること」です。

カード会社側でも本人が不正利用にあったと偽って返金要求や請求保留を請求しているという可能性が排除できないため、基本的にはどれほど正確に真実を伝えられるかが勝負の鍵となります。

カード会社各社の判断によって異なるため、一概には言えないものの、不正利用と思われる被害については請求を留保してもらえる可能性もあります。

この方法は確実とは言えませんが、多額の支払いを負ってしまった場合は支払いを待ってもらうことも必要ですので、相談してみる価値はあります。

【おすすめ】弁護士事務所に相談

国際ロマンス詐欺に強い弁護士に相談することで被害額が返金されることもあります。

国際ロマンス詐欺は原則として日本の司法では切り込めないグレーゾーンという認識も根強く、弁護士によっては国際ロマンス詐欺の案件を取り扱わないとしているケースもあるほどです。

しかし被害を諦め泣き寝入りする必要は本来どこにもありません。例えば、当事務所のように国際ロマンス詐欺案件を多数受任し、返金にも成功した実績を持つ法律事務所へご相談頂くことにより、具体的に返金に向けてアクションを起こすことが可能となります。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right

まとめ

まとめ
Facebookで知らない外国人から友達申請が来た場合、今回ご紹介したように様々な理由や用途が考えられます。

しかし残念ながら国際ロマンス詐欺の被害が日本国内で昨今急増しているという事情を鑑みれば、特に容姿端麗な異性からの友達申請は怪しんで然るべきと言わざるを得ません。

あなたではなく、あなたの財布を付け狙う国際ロマンス詐欺師からの申請というケースも十二分に考えられることから被害に遭わないようにブロックや通報などの対処を行いましょう。

また実際に仲良くなってしまった詐欺師から金銭の無心をされている場合や、すでに金銭を海外へ送金してしまっている場合、大変残念なことではあるものの詐欺被害に遭われてしまっています。

場合によっては送金に絡み個人情報を送付してしまっているケースもあり、これが元で第2次、第3次の被害につながる恐れもあります。

海外の大規模犯罪組織が関与しているケースもあり、この場合は渡してしまった個人情報が加害者のものとして悪用される恐れもあります。

速やかに当事務所へご相談いただき、返金及び被害回復にむけてアクションを起こしましょう。

arrow left弁護士に無料で相談するarrow right
国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.