tts
投資詐欺

大学生に投資詐欺被害者が続出の背景とは?よくある手口や実際にあった事件を紹介

近年、大学生を狙った投資詐欺が増加傾向にあるといわれています。

社会人よりも収入が少ない大学生がターゲットとして狙われる背景にはどのような理由があるのでしょうか。

【この記事でわかること】
・大学生が投資詐欺に騙されやすい理由
・大学生を狙った投資詐欺の手口
・実際に大学生が騙された詐欺事例

国際ロマンス詐欺について弁護士に無料で相談してみる

大学生が投資詐欺事件に巻き込まれる背景とは

大学生が投資詐欺事件に巻き込まれる背景にはどのような理由があるのでしょうか。

ここでは、大学生が投資詐欺に巻き込まれやすい理由をいくつかピックアップして紹介していきますので、当てはまる人は注意してください。

また、これらの特徴に当てはまらないから詐欺に遭わないというわけではありません。ほとんど面識のない人から持ちかけられる投資話は詐欺の可能性が非常に高いと覚えておきましょう。

新型コロナの影響で生活が苦しい

新型コロナウィルスの流行に伴い生活苦に陥った学生が投資詐欺に遭ってしまったという報告が多数挙げられています。

2020年から流行した新型コロナウィルスの影響により、多くの飲食店や店舗が休業および閉店してしまったため、アルバイトで生計を立てていた大学生たちが仕事を失ってしまったのです。

また、当初は外出自粛要請があったため新たなバイト先を探すのが難しく、詐欺師たちは「自宅で簡単に稼げる」という甘い言葉で大学生を誘惑してお金をだまし取ったといわれています。

将来への不安から投資に興味がある学生が多い

子供の教育資金や老後資金といった将来の不安から投資に興味を持つ学生が多いのも投資詐欺被害が増えた理由のひとつでしょう。

近年、投資へのハードルが下がり、多くのメディアで投資にまつわる情報が多く出されています。学生のアルバイトでは得られる収入に限りがあるため、ハイリターンが期待できる投資に興味を持つ学生が多いのです。

また、将来の蓄え以外にもハイブランドや高級車が欲しいと考える学生も少なくないため一攫千金を狙える投資に興味を持つ学生が多いのでしょう。

金融知識が乏しいのに大金を調達できる環境にある

学生が古典的な投資詐欺手口に騙されてしまうのは、金融知識が乏しいのに投資にかかる資金を調達しやすい環境にあるからというのが最大の理由ではないでしょうか。

学生は収入額は少ないものの、実家暮らしや仕送りがある場合支出額が少ないので、社会人よりも自由に使えるお金が多いのです。しかし、社会人経験はもちろん投資にまつわる知識が浅く騙されてしまう人が多いと推測できます。

投資でお金を稼ぐには「知識」と「資金」の両方が必要となりますので、資金だけ用意できても知識がないとすぐに騙されてしまうでしょう。

大学生を狙った投資詐欺の手口とは

大学生を狙った投資詐欺の手口にはどのようなものがあるのでしょうか。ほとんどの詐欺では金銭に余裕のある社会人がターゲットとなっているケースが多い傾向にありますが、今回紹介する投資詐欺手口は大学生にターゲットを絞っています。

ある程度事前知識や資金力がある社会人と大学生とでは騙しやすい方法が異なるのでしょう。ここでは、大学生を狙った典型的な投資詐欺の手口や、近年増加している手口を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

大学生を狙った投資詐欺の典型的な手口

ここでは、大学生を狙った典型的な手口を3段階に分けて紹介していきます。

いくら大学生といえど、見ず知らずの人から投資話を持ちかけられても警戒する人がほとんどでしょう。詐欺師たちはその点も踏まえて学生が信用しやすい環境を作り投資詐欺で大金を騙し取ろうとするのです。

投資詐欺にかかわらず、あらゆる詐欺被害を未然に防ぐには詐欺手口を理解し、知識を深めることが重要といわれていますので、しっかり覚えておきましょう。

友人から誘われ、成功者という人物に会う

大学生を狙った手口で騙されてしまう人が多いのは、友人から投資に誘われる手口です。見ず知らずの人からいきなり投資話を持ちかけられても警戒する人がほとんどだと思いますが、友人から勧められたら信用してしまう人が多いでしょう。

この手口ではまず、友人から投資話の誘いを受け実際に投資で成功した知人を紹介するといわれます。紹介された成功者の知人は、ブランド物を身につけ「君には才能がある」というように褒め称えその気にさせるのです。

投資は専門知識を持った熟練の投資家でも損失を出してしまう可能性があるので、知識がないうちに気軽に手を出すのはやめておきましょう。

50万円近くするUSBメモリの購入を勧められる

投資ツール販売詐欺でよくあるのが、50万円近くするUSBメモリの購入を勧められる手口です。

これは、バイナリーオプションやFXに絡めた投資詐欺でよく使われる手口であり、USBに入っているツールを使用して投資していくと勝率が90%になるというような謳い文句で購入を勧めます。これらのツールは過去の膨大な投資データから勝率の高い選択を導き出すシステムを構築したものといわれていますが、ほとんどが偽物といわれています。

また、本当にAIシステムや高度な計算で導かれた選択であっても、100%勝てるというわけではありませんので注意してください。

友人を紹介するようにいわれる

上記で購入した投資ツール購入後は、「キックバックをあげる」と友人を紹介するように促されます。

キックバックは購入額の10〜20%と設定されていることが多く、USB1本あたり5万円から10万円の取り分があるから投資で負けても取り返せると説得されるのです。お金が欲しくて友人を紹介してしまうと今度は友人が詐欺被害に逢ってしまうため、詐欺が発覚した際に友情にも亀裂が入るでしょう。

また、友人に偽ツールを紹介してマージンを受け取っていた場合、詐欺の共犯として逮捕される可能性も否定できませんので注意してください。

大学生が遭いやすいその他の投資詐欺の手口

大学生がもっとも被害に遭いやすい投資詐欺の手口は、先ほど紹介した友人を介したものといわれています。しかし、直接面識のない相手からでも騙されてしまう手口がいくつか存在するのです。

ここでは、大学生が友人を介す方法以外で騙されやすい手口を2つ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。また、投資詐欺の手口は年々巧妙化していき、詐欺かどうかわからなかったり、法にギリギリ触れないようなグレーゾーンの手口もあります。

そのため、紹介した手口に当てはまらないからといって安心せず、怪しいと思ったら手を出さないようにしましょう。

ネットで配布している高額の投資ツールを購入してしまう

インターネットで投資を勉強中に高額投資ツールを紹介する怪しいサイトに騙され購入してしまうケースもあります。

近年はインターネットが普及しているため、調べるイコールインターネットが定着しているため、本ではなくネットから情報収集する若者がほとんどです。インターネットは有益な情報が無料でみられるという利点もありますが、情報源が不明瞭なサイトも存在します。

そのため、「実際に投資ツールを使って〇〇万円稼げました!」というような嘘の情報を鵜呑みにして騙されてしまう学生があと立たないのです。インターネットを参考にする際は、信用できる発行元または情報源であるかのチェックをおすすめします。

マッチングアプリやSNSで知り合った異性に誘われる

マッチングアプリやSNSで知り合った異性から投資話を持ちかけられるという手口も急増しています。株式会社エンカラーズが実施した調査によると、大学生のうち4人に1人がマッチングアプリを利用しているという結果が出ました。(KyoKoi調べ)

一般的にはネット上で知り合った人からお金の話をされてもスルーしますが、恋愛関係に発展するほど親密な相手であれば話は別です。こういった手口はロマンス詐欺ともいわれ、恋人関係を築いてから高額ツールやサイトを進めるため、詐欺にあった自覚がない人もいますので注意してください。

参照:PRTIMES

マッチングアプリで投資詐欺の被害が多発中!被害回復は可能?
マッチングアプリで投資詐欺の被害が多発中!被害回復は可能?近年、マッチングアプリなどを経由した投資詐欺の被害が急増しています。 投資詐欺と言っても、被害額は数万円から数千万円まで様々です。...

実際にあった大学生や若者が被害者となった投資詐欺事件

ここでは、実際にあった大学生や若者を狙った投資詐欺事件を2つピックアップして紹介していきます。

過去の事件と似たような手口で投資勧誘されていたり、すでにお金を渡してしまったりした人は、焦らず警察や弁護士に相談しましょう。大学生を狙った投資詐欺は対面式の手口が多いため、インターネットを介した手口よりつかまりやすい傾向にあります。

犯人が特定できれば賠償金請求も可能になりますので、諦めずに各機関に問い合わせてみてください。

22歳の女性が投資詐欺に遭い、自殺してしまった事件

一つ目は、投資詐欺にあったショックからうつ病を発症してしまい自ら命を絶ってしまった事件です。

被害にあった22歳の女性は、同級生からSNSを通して連絡があり投資を勧誘されたとされています。将来への不安や同級生からの紹介ということもあって150万円投資しましたが詐欺と気がついて返金を求めた際にはもう遅く、戻ってこなかったのです。

詐欺被害後、部屋で俯くことが多く心療内科へ受診したところうつ病と診断されました。被害女性の母親は、気分転換にと旅行へ行くよう促しましたが、女性は自殺してしまったのです。

複数の大学生らから合計3,300万円以上だましとった事件

二つ目は、20代の容疑者3名が複数の大学生から出資金を集め総額3,300万円以上だまし取ったケースです。容疑者は被害者に対して「何倍にもできる」「2ヶ月後には全額返済」と伝え1人あたり100万円以上だまし取っていたとされています。

また、出資した大学生を信用させるため、お金を預かったあと一度は設け分として出資した金額の1割を支払っていたのです。100万円という金額は、大学生にとってすぐに用意できる金額ではないため、消費者金融で借りさせたお金を受け取っていたといいます。

しかし、最初の報酬以降お金が戻ってこなくて、詐欺だと気がついた学生たちに被害届を出され逮捕に至ったのです。

【仮想通貨詐欺】遊ぶ金が欲しかった大学生の悲惨な末路・・・100万円の被害内容を激白
【投資詐欺】遊ぶ金が欲しかった大学生の悲惨な末路・・・仮想通貨で100万円の被害内容を激白 今年20歳になったばかりの大学生です。 今日は僕が投資詐欺にあってしまった時の体験談をお話ししたいと思います。よろしくお願...

まとめ

新型コロナウィルスの影響で生活が苦しくなったり、将来が不安になったりする学生が増えるとともに、大学生を狙った投資詐欺も増加傾向にあります。

大学生を狙った投資詐欺の手口は、友人から高額ツールを紹介されるケースが多く「私は大丈夫」という人ほど騙されやすいといわれているのです。投資に必勝法は存在せず、投資に関連する高額ツールは警察署や消費者センターからも注意喚起が出ているので気をつけましょう。

投資に興味があるという人は、高額ツールを頼る前に信ぴょう性のあるサイトや本で勉強してから少額ではじめるのをおすすめします。

国際ロマンス詐欺専門!弁護士の無料相談窓口
\24時間365日無料相談受付中/
※相談費用はかかりません
©国際ロマンス詐欺の無料相談窓口 弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.