tts
仮想通貨詐欺

仮想通貨セミナーは詐欺?騙されないために見分けるポイント3選

仮想通貨セミナーは詐欺?騙されないために見分けるポイント3選

仮想通貨で儲かるためには、高いセミナー参加費を払うことを仕方のない出費だと思っていませんか。

「絶対に儲かる」と勧誘し、高額な受講料を請求する仮想通貨(暗号資産)セミナーは詐欺です。投資初心者だけでなく、投資経験がある方も騙される巧妙な手口の仮想通貨詐欺もあります。

詐欺セミナーの特徴や実態を知り、騙されないようにしましょう。

\返金請求の相談受付中/

仮想通貨詐欺を見分けるポイント3選

仮想通貨詐欺を見分けるポイント3選
仮想通貨詐欺を見分けるポイントは、以下の3点です。

  • 高いセミナー参加費
  • 聞いたことのない通貨
  • 絶対に儲かるという言葉

仮想通貨未経験者はわからないことが多く、騙されやすいため注意が必要です。

セミナーや仮想通貨は信用できるのか、取引内容は怪しくないかを十分に確認し、詐欺に遭わないようにしましょう。

高いセミナー参加費

仮想通貨詐欺では、高いセミナー参加費を請求してくる場合があります。

仮想通貨セミナーに関する知識が十分でない初心者は、高額な請求であると気づけず、高い参加費を支払ってしまうでしょう。

仮想通貨詐欺には、セミナー自体が存在しない、参加費を支払った後に連絡がとれなくなるなどの手口が見られます。参加費を支払う前に、信用のできるセミナーか見極めることが重要です。

仮想通貨は比較的新しい投資ですが、インターネット上には情報が溢れており、セミナーに参加しなくても知識を身につけられます。

仮想通貨のセミナーを選ぶときは、かかる費用と内容を照らし合わせて、詐欺かどうか判断する必要があります。

聞いたことのない通貨

仮想通貨詐欺を見分けるときは、聞いたことのない通貨が紹介されていないか確認することがポイントです。

投資初心者は、仮想通貨について知らないことが多いため、聞いたことのない通貨が紹介されても不審点に気づかず騙されやすいという特徴があります。仮想通貨を運用した経験がある方でも、新しい通貨が発行されたと聞けば購入してしまう可能性があります。

新しい通貨は本物か偽物かに関わらず、情報が少なく、十分にメリットとデメリットを把握することが困難です。事業の継続性や信憑性があるか分からないため、リスクも大きいです。

仮想通貨セミナーで、聞いたことのない通貨を紹介されたら、詐欺を疑いましょう。

絶対に儲かるという言葉

仮想通貨詐欺を見分けるためには、「絶対に儲かる」という言葉を信じてはいけません。詐欺師は、受講希望者の儲けたいという心理を悪用し、誇張表現を用いて詐欺を行います。

仮想通貨は投資の1種であるため、絶対に儲かるとは限りません。投資は価格変動が起こるため、必ず儲かる保証はなく、リスクは付きものです。

金融商品取引法(38条)は、証券会社やその役職員が、有価証券の価格等が必ず騰貴する、又は必ず下落するといった断定的な判断を示して勧誘することを禁止しています。

引用:投資をされる方へ|証券取引等監視委員会

仮想通貨セミナーの勧誘をする方が、「絶対に」や「必ず」などの断定的な表現をつかっている場合は、違法な金融取引です。怪しい言葉は鵜呑みにせず、詐欺を疑いましょう。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

仮想通貨セミナーの詐欺の実態

仮想通貨セミナーの詐欺の実態
仮想通貨セミナーの詐欺の実態は、以下の4つです。

  • ポンジスキーム
  • マルチ商法
  • ICO投資詐欺
  • ウォレット詐欺

仮想通貨詐欺は資金運用がされておらず、その場しのぎの手口で行われています。ポンジスキームやマルチ商法のなかには友人や知り合い、家族などを巻き込み、人間関係まで破綻させる詐欺があります。

仮想通貨の詐欺の種類を知り、詐欺に遭うのを未然に防ぎましょう。

ポンジスキーム

仮想通貨詐欺のポンジスキームは、配当金を出資者に還元していると装っていますが、実際には資金運用をしていない手口の詐欺です。

ポンジスキームは、新規会員の資金を以前から出資している投資家に横流しする詐欺です。詐欺師は利回りがよいと謳っていますが、実際に運用はしていないため、いずれ資金はなくなり行方をくらませます。

ポンジスキームでは、始めのうちはきちんとお金が配当されます。怪しいと思っていた方でも資金運用が行われていると信用し、追加投資してしまいます。

仮想通貨に興味がある方は、最初は少額から出資することを勧められるため、投資歴が長い方でも騙されやすい詐欺です。

マルチ商法

仮想通貨セミナー詐欺の手口の1つであるマルチ商法は、連鎖販売取引といわれる詐欺です。

既存の会員が友人や知り合いなどを勧誘し、商品を販売すると謝礼をもらえるという手法で、周りの人を騙します。新規会員も別の人を勧誘すると謝礼がもらえるため、連鎖して取引が行われます。

マルチ商法は、信頼している親しい方から勧誘される事例が多く、詐欺だと見分けるのが難しいため注意が必要です。

会員を増やせば自分に利益が出るという話は、マルチ商法の可能性が高いため、注意しましょう。

ICO投資詐欺

ICO投資詐欺は、仮想通貨セミナー詐欺でよく使われる手口の1つで、ICOという投資方法を利用しています。

ICOはInitial Coin
Offeringの略で、企業が独自の証券(トークン)を発行し、投資家に購入してもらう方法です。投資家は、企業の成長可能性を見込んでトークンを購入します。企業が成長すれば、トークンの価値が上がるため、投資家たちの資産も増える仕組みです。

詐欺まがいのICO投資の場合は、資金調達ができたらトークンを発行していた企業の行方が分からなくなり、購入した仮想通貨の価値が急激に下がります。

ICO投資は「資金さえあれば手軽に始めやすい」と世界で注目され、投資を始める方が増えました。仮想通貨未経験の投資家が増加したことに伴い、詐欺も増えているため、金融庁からICOに関する注意喚起が出されています。

詐欺であるか否かに関わらず、ICOはリスクが高い投資であるため、注意しましょう。

参考:ICOに関する注意喚起|金融庁

ウォレット詐欺

仮想通貨セミナーの詐欺手口の1つに、ウォレット詐欺があります。ウォレット詐欺に遭うと、ウォレットアプリに送金したお金が返ってこなくなる恐れがあります。

ウォレットアプリとは、仮想通貨を預けるインターネット上の財布です。

ウォレットアプリをダウンロードする際は、公式か偽物かを判断する必要があります。偽物のウォレットアプリを利用すると、詐欺師に送金したお金や登録情報が抜きとられます。

詐欺師が作成したウォレットアプリは、公式にそっくりなアドレスやアイコンを使用しているため、ウォレットを利用する際は注意深く確認しましょう。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

仮想通貨セミナーの詐欺に遭わないためには

仮想通貨セミナーの詐欺に遭わないためには

仮想通貨セミナーの詐欺に遭わないためには、以下2点が重要です。

  • 正しい知識を身につける
  • 暗号資産交換業者登録一覧を確認する

投資にはリスクとリターンが存在するため、仮想通貨の取引にはリスク管理能力も必要です。仮想通貨の正しい知識を安全な方法で身につけ、信用できる暗号資産交換業者を利用しましょう。

正しい知識を身につける

仮想通貨セミナーの詐欺に遭わないためには、正しい知識を身につける必要があります。仮想通貨の知識がないと、詐欺であることに気付けず、詐欺師に騙されてしまう恐れがあるためです。

仮想通貨を学ぶ方法には、セミナー参加以外にもインターネットや書籍での情報収集があります。

セミナーで学びたい方は、受講前に悪質な詐欺セミナーでないか見抜く力も必要です。受講する前に事業運営状況やセミナー参加者の口コミを調べておくと、被害に遭うリスクが低くなります。

情報を取捨選択し、正しい知識を身につけ、仮想通貨の詐欺被害を未然に防ぎましょう。

暗号資産交換業者登録一覧を確認する

詐欺に遭わないために、仮想通貨を購入する際は暗号資産交換業者登録一覧を確認しましょう。暗号資産交換業者登録一覧とは、金融庁の許可を得た取引所が載っている一覧です。

平成29年より、国内で暗号資産と法定通貨との交換を行うには、暗号資産交換業への登録が必須となりました。しかし、無登録で仮想通貨の勧誘を行っている取引所による詐欺事例も発生しています。

仮想通貨を購入する際は、暗号資産交換業者登録一覧に記載のある、信用できる取引所を利用しましょう。

参考:暗号資産交換業者登録一覧|金融庁

仮想通貨セミナー詐欺の相談は当事務所へ

仮想通貨セミナー詐欺の相談は当事務所へ
仮想通貨セミナーの詐欺被害に遭って困っている方は、当事務所へご相談ください。当事務所では、仮想通貨詐欺の返金対応に強い弁護士が被害者に寄り添い、共に戦います。

仮想通貨はインターネット上の取引ですが、「相手が誰かわからない」と泣き寝入りする必要はありません。詐欺事案の返金請求を得意とする弁護士が、相談者様と一緒に戦います。

仮想通貨セミナー詐欺かもしれないと感じている方や、実際に被害に遭われている方は、当事務所へ一度ご相談ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.