tts
詐欺アプリ・詐欺サイト

ご注意下さい。Capital One(キャピタルワン)の投資は詐欺です。出金や返金ができないという相談が急増中です。

ご注意下さい。Capital One(キャピタルワン)の投資は詐欺です。出金や返金ができないという相談が急増中です。

投資にリスクはつきものですが、いま話題の「Capital One(キャピタルワン)」はさらに深刻です。

最近、多くの投資家がCapital Oneの出金や返金できない問題に巻き込まれて、専門家への相談が相次いでいます。

しかし、相談者のなかには納得できずに、モヤモヤとした疑問が残っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、あなたの悩みや不安に寄り添いながら、Capital Oneの詐欺の実態を探り、投資家が直面している問題に対して最適な解決策を見つけるお手伝いをします。

この記事を読むことで分かることは、以下の通りです。

  • Capital One(キャピタルワン)が危険なのかが分かる
  • Capital One(キャピタルワン)の問題の解決策がわかる
  • Capital One(キャピタルワン)の詐欺解決への行動ができる
  • 詐欺のリスクを最小限にできる知識が手に入る

あなたの資産と未来を守るためにこの記事を最後まで読んで頂き、詐欺サイトに対するリテラシーを高めていきましょう。

すでに被害に遭われている方や少しでも不安がある方は、横山法律相談所が今なら無料でお手伝いします。安心してご相談ください。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

Capital One(キャピタルワン)の詳細

詳細

Capital One(キャピタルワン)の詳細を、以下の表にまとめました。

サイト名 実態不明
サイトURL 〃(※危険なURLのみ)
電話番号
メールアドレス
所在地
被害報告の有無

Capital One(キャピタルワン)は、被害報告や不確かな情報が多い海外FX会社です。

危険性が高い可能性がある会社を経由してのお金のやり取りは危険なので、やめておいた方がいいでしょう。

金融商品取引業の登録がない

Capital One(キャピタルワン)は、金融商品取引業の登録がされていない可能性が高いことが分かりました。

金融商品取引業者は法的規制と監督の対象なので、適切な免許の取得が必須です。しかし、Capital Oneは金融商品取引業の登録も免許取得もしていないと考えられます。

金融商品を提供する会社がこのような状態の場合は、取引を行うことは法的に違法とみなされる可能性が高まります。

このままでは、Capital Oneで金融商品取引を行っている投資家にとって大きなリスクとなるので、損切りを検討した方がいいでしょう。

金融ライセンスを所持していない

Capital One(キャピタルワン)が「金融ライセンスを持っていない」という情報が浮かび上がっています。

金融ライセンスは、金融取引や資産管理などの業務を法的に遂行するために必要な許可証で、金融規制当局によって厳格に管理されているものです。

厳重な管理下にある金融ライセンスの所持に怪しい情報がある時点で、Capital Oneは法的な要件を満たしていない可能性が高く、危険性のある会社だと思われても仕方がありません。

金融ライセンスを持つことは、信頼性の証明であり、投資家の資産を守る重要な要素です。

投資を検討する際には金融ライセンスを持つ取引所や会社を選び、適切なリスク管理を行うことが大切です。

ライセンスや免許の確認方法

金融ライセンスや金融商品取引業の免許取得を確認する方法として、金融庁の公式サイトにアクセスして該当する企業や業者が登録されているかを確認するやり方があります。

金融庁は、登録されている企業や業者の情報をPDFファイルやExcelデータで提供しているので、誰でも簡単に閲覧できます。

探したい企業や業者がなかなか見つからない場合は、サイト内検索機能を活用することで簡単に探し当てられるので便利です。

今回のCapital One(キャピタルワン)のような詐欺を回避するためには、金融ライセンスや金融商品取引業の免許を所持しているかはとても重要です。

公式な情報をもとに、信頼性のある業者と取引を行うように心がけましょう。

詐欺サイトはどのような詐欺なのか

どのような詐欺なのか

詐欺サイトはネット上で行われる危険な詐欺行為を働くサイトで、巧妙な手法を用いて金銭や個人情報をだまし取ります。

特に、以下の3つの詐欺手法が悪質でよく見られるものです。

  1. ポンジスキーム
  2. 振り込め詐欺
  3. 実態のないビジネス詐欺

これらの代表的な詐欺から身を守るために、それぞれの手法に対する対処法を解説するので参考にしてみてください。

ポンジスキーム

ポンジスキームは、詐欺師が「確実に稼げる投資のチャンスがある」と投資家を誘惑し資金を集め、集めた資金をうまく循環させて最終的に投資家だけ損失を被る仕組みです。

ポンジスキームのステップは、以下の通りです。

  1. 高いリターンを約束すると誘惑する
  2. 投資家は期待して投資する
  3. 新たな投資家からの資金を利用して、既存の投資家に利益として支払う
  4. 詐欺師に資金が集まる限り、①〜③を繰り返す
  5. 詐欺師に資金が入らなくなると、最終的に投資家が損失だけを被る

投資家は高い利益の約束に惑わされず、適切な調査と注意を払うことが重要です。

どうしても投資をしたいなら、信頼性のある取引所や会社を選びましょう。

振り込め詐欺

振り込め詐欺は、詐欺師が被害者に対して架空の法的問題をでっち上げ、緊急の支払いや個人情報、銀行口座情報を要求する手法です。

詐欺師が言ってくる架空の法的問題として、税金未払いや税金逃れ、マネーロンダリングの疑いが代表的です。

振り込め詐欺は、以下の手順を踏むことが多いです。

  1. 逮捕や裁判などの言葉を使い、恐怖を煽(あお)る
  2. 法的措置をちらつかせて、急な支払いを要求する
  3. 氏名・年齢・住所などの個人情報や銀行口座情報を引き出そうとする
  4. すでに法的手続きが行われているような発言をする

上記のようなことを電話で急に言われると、冷静に判断しにくくなり詐欺に騙されることがあってもおかしくないです。

しかし、公的な機関は通常、電話で税金支払いの要求はしません。

急な支払いや個人情報、銀行口座情報の開示を要求をされた際は、まず疑いを持って慎重に対処しましょう。

実体のないビジネス詐欺

実体のないビジネス詐欺は、詐欺師が被害者に非現実的な利益を約束し、被害者からお金を騙し取る手法です。

実体のないビジネス詐欺のお金を騙し取る手順は以下の通りです。

  1. 被害者とって魅力的な約束をして誘惑する
  2. 被害者に取引や投資に参加するよう説得する
  3. 嘘の利益を報告して、偽の成功体験をさせる
  4. 偽の成功体験をもとに、さらなる投資を求める

実体のないビジネス詐欺は、人の欲望につけ込んでお金を巻き上げる悪質なものです。

誘われた投資やビジネスに関する情報を慎重に確認し、少しでも疑わしいものには近づかないようにしましょう。

詐欺サイトでありうる手口

手口

詐欺サイトは、さまざまな手口を駆使して被害者からお金をだまし取る危険な存在です。

SNSやLINEグループ、電話など、さまざまな経路を通じて被害者を魅了し、詐欺の罠に引き込みます。

ここからは、詐欺サイトでありうる手口について詳しく見ていきましょう。

SNSをきっかけに被害にあうパターン

詐欺サイトの手口の一つに、SNSをきっかけに被害にあうパターンが最近増えています。

SNSをきっかけに被害にあう詐欺手口は、以下の通りです。

  1. 詐欺師がSNS上で架空のプロフィールを作成する。
  2. 魅力的な投資をSNSで紹介する。
  3. 被害者は架空のプロフィールを信頼して連絡を取り合う。
  4. 詐欺師は被害者を説得して資金を振り込ませる。
  5. 送金後、詐欺師は消息不明となり被害者は損失を被る。

詐欺師はSNSを利用して被害者と信頼を築き、被害者から個人情報や資金などを奪います。

顔が見えないSNS上では、無闇やたらと人を信じない方がいいでしょう。

LINEグループに招待され被害に遭うパターン

多くの日本人が連絡ツールとして使っている「LINE」ですが、その機能である「LINEグループ」を使った詐欺の被害が増えています。

LINEグループを使った詐欺の手口は、詐欺師が被害者をLINEグループに招待し、そこで高利益の投資機会やビジネスチャンスを熱心に宣伝するものです

グループメンバー同士の信頼感や一体感を利用し、詐欺師は投資や取引に参加させて資金を要求します。LINEグループを扇動している講師から電話がかかってくることもあるそうです。

被害者は他のメンバーも同じ投資に参加しているため、疑心暗鬼になる方が少ないです。

しかし、一度お金を送金すると、詐欺師は消えて被害者が損失を被ることになります。

LINEグループを使った手口は、グループの信頼感や一体感などを利用して被害者をだますので一対一の詐欺よりも心を律する必要があります。

不審な勧誘に対しては慎重に検討し、信頼できる情報源からアドバイスを受けることが大切です。

電話で高利回り投資への勧誘パターン

電話での高利回り投資への勧誘は、詐欺師が電話で被害者に連絡し、魅力的な投資機会を提案する手口です。

詐欺師はプロのトーク力を駆使して、高利益を保証するといった甘い言葉で被害者を説得し、急いで投資するよう要求します。

被害者は焦りや興奮から冷静な判断を欠いてしまった結果、資金を送金して詐欺師に連絡を断たれてしまいます。

電話での詐欺は被害者に対して高圧的なアプローチをするので、不審な電話には警戒して未知の投資機会には応じないことをおすすめします。

その他の手口も存在します

詐欺サイトの手口は多岐にわたり、常に新たな手法が登場します。

詐欺の手口に引っかからないためには、以下のポイントに注意を払うことが重要です。

  • 高利益の約束には警戒する
  • 相手が信頼できるか確認する
  • 急な支払い要求や未知の取引に注意する

詐欺被害を未然に防ぐためには詳細な調査と慎重な行動が不可欠ですが、個人では難しいです。

疑念を少しでも持ったら専門家に相談してください。

 

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

詐欺サイトに入金してしまった場合

入金してしまった場合

詐欺サイトに入金してしまった場合、冷静な対応が肝心です。

適切な証拠集めややりとりの控え、専門家や法執行機関に相談することが重要です。

もし詐欺サイトに入金してしまった場合の対処方法を以下で解説します。

入金した証拠を集める

詐欺サイトに入金してしまった場合、まずは入金に関する証拠を確保することが不可欠です。

確保するべき証拠となるものは、以下の通りです

  • 振込明細:送金日時や金額、送金先の情報が含まれている
  • 支払い明細:詐欺サイトの名称や支払い金額が記載されている
  • 送金明細: 送金時に利用した送金サービスのウェブサイトが確認できる

これらの証拠は、警察や法執行機関、消費者保護機関、弁護士に相談する際にとても役立ちます。ちなみに、仮想通貨のウォレットIDも追跡できるので証拠となり得る可能性が高いです。

詐欺に関わる詳細な情報を保管し、証拠を整理することで、詐欺被害の対処がスムーズになるでしょう。

やりとりを控える

詐欺サイトに入金してしまった場合、詐欺師とのやりとりを控えることが賢明です。

詐欺サイトに入金してしまった場合のやりとりについては、以下を参考にしてください。

  • 冷静な対応をする
  • すぐにアカウント削除しない
  • 過去のやりとりを保存する
  • 信頼できる家族や友人、専門家に報告してサポートを受ける

詐欺師には感情に流されず、冷静に対処しましょう。やりとりを控えることで、追加の被害を防ぐことに繋がります。

弁護士や機関へ相談する

詐欺サイトに入金してしまった場合、専門の弁護士や信頼性のある機関へ相談しましょう。

弁護士や専門機関に相談する前に注意しないといけないのは、回収屋や便利屋と称する詐欺師に引っかかることです。

これらの個人や組織は、詐欺に遭った被害者をさらに騙し、追加の料金を請求することがあります。

回収屋や便利屋についても、信頼性のある弁護士や公的な消費者保護機関、警察に相談し、詳細なアドバイスを受けるべきです。

専門家が提供する情報は、詐欺からの回復を助け、法的な手続きや対処方法についての適切な指導を提供してくれます。

 

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

詐欺に遭ってしまった時に考えられる二次被害

考えられる二次被害

詐欺に遭ってしまった場合は、一次被害だけでなく二次被害も懸念されます。

二次被害は詐欺師による新たな詐欺や個人情報の不正利用などが考えられますが、なかでも口座凍結や詐欺的な被害回復詐欺に注意が必要です。

ここからは、詐欺に遭ってしまった時に考えられる二次被害をご紹介します。

利益として自分の口座に個人名義から入金され、口座凍結される

詐欺に遭った後、詐欺師が被害者の口座に利益を振り込むという新たな詐欺が発生することがあります。

この手法は、詐欺師は被害者の口座に不正にアクセスし、自分の口座からの資金を被害者の口座に振り込みます。
被害者は突然の入金に驚き、詐欺師から指示を受けて入金された資金を詐欺師に送金します。

しかし、これらの入金・送金は不正な手法で得られたものであり、詐欺師が被害者の口座を不正に使用した痕跡が残ってしまいます。

銀行や金融機関は、口座の不正活動を検出すると口座を凍結させるので、被害者は口座内にある資金にアクセスできなくなります。

詐欺に遭ってしまった場合は二次被害を受けないためにも、状況を銀行や法執行機関に報告し、アドバイスを受けることが重要です。

個人情報が詐欺師グループに出回って、被害回復を謳う詐欺に遭う

詐欺に遭ってしまった場合は、個人情報が詐欺師グループに漏れるリスクがあります

詐欺師は被害者の個人情報を売買する地下組織に情報を提供し、他の詐欺師や不正行為者が被害者に接触することがあります。
さらに、被害者は不正な回収屋や便利屋からの連絡にも警戒する必要があります。

個人情報の漏洩を防ぐために、詐欺被害を公的な機関や弁護士に報告し、正当な手続きに従うことが大切です。

詐欺被害の相談先

詐欺被害の相談先

詐欺被害に遭ってしまった場合、適切な相談先を知っておくことがとても重要です。

詐欺被害に遭った場合は、金融サービス利用者相談室や国民生活センター、警察、弁護士、司法書士など、専門家や公的機関が被害者をサポートします。

被害の種類や規模に応じて、適切な相談窓口を選んでアドバイスを受けましょう。

ここからは、詐欺被害の相談先を詳しくご紹介します。

金融サービス利用者相談室

金融サービス利用者相談室は、金融機関に関する問題や詐欺被害に対する相談を受け付ける公的な機関です。

ここでの相談は、口座のトラブルや不正利用、詐欺取引、不正請求など、金融サービスに関する問題です。

金融サービス利用者相談室の詳細を以下の表にまとめたのでご覧ください。

名称 金融サービス利用者相談室
受付時間 平日 10:00〜16:00
電話番号 0570-016811(ナビダイヤル)
03-5251-6811(IP電話・PHS)
FAX 03-3506-6699
サイトURL https://www.fsa.go.jp/opinion/

相談窓口は、被害者に対してアドバイスをして問題の解決をサポートします。

金融サービス利用者相談室は、被害者が適切な対処方法を理解し、被害から回復するのに役立つでしょう。

国民生活センター・消費者センター

国民生活センター消費者センターは、消費者が商品やサービスに関する問題、詐欺被害、不正取引などを相談できる公的な機関です。

国民生活センター・消費者センターへの相談方法は、以下のステップです。

  1. 詐欺被害に遭遇したら、問題を特定して詳細な情報を整理する
  2. 国民生活センター・消費者センターの連絡先をウェブサイトから検索する
  3. センターに連絡をして、詳細な情報と問題を説明する
  4. 担当者が問題を評価して、法的アドバイスや解決策を支援する

国民生活センター・消費者センターは、消費者保護に関する専門知識を持つ機関であり、被害者に対するサポートと救済手続きを行います。

警察・サイバー犯罪相談室

警察・サイバー犯罪相談室は、サイバー犯罪に関連する事件や詐欺被害に対する相談を受けて捜査や対処を行う警察の部署です。

警察・サイバー犯罪相談室への相談方法は、以下のステップを踏みます。

  1. 地域の警察署のサイバー犯罪相談室を調べる
  2. サイバー犯罪相談室がある警察署に、電話やメール、直接訪問する
  3. 詐欺被害に関する詳細な情報を説明する
  4. 担当者が詐欺被害を評価する
  5. 担当者は被害者をサポートをしつつ、詐欺師の特定や証拠収集を行う

警察・サイバー犯罪相談室は、サイバー犯罪や詐欺に対する専門知識を持つ機関であり、被害者の安全と正義を確保する役割を果たします。

弁護士

弁護士は法的な専門家であり、詐欺被害者に法的アドバイスと支援を提供してくれます。

弁護士への相談方法は、以下のステップです。

  1. 被害の性質に合った弁護士を探す(ex.日本弁護士連合会
  2. 電話やメールでの相談予約、オンラインフォームで問い合わせをする
  3. 弁護士と面談やオンライン会議を設定して被害の詳細を説明する
  4. 弁護士は法的な観点から問題を評価し、法的なアドバイスをする

弁護士は被害者の法的権利を守り、詐欺被害の解決に向けて指導します。

法的なアドバイスや対応が必要な場合、弁護士に相談することをおすすめします。

 

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

司法書士(140万円以下の被害額)

司法書士は、法律の専門家であり、登記や供託などの業務を行うほか、簡易裁判所の訴訟の手続きの代理人となることもできます。

140万円以下の詐欺被害の相談先として、司法書士は以下のメリットがあります。

  • 弁護士と比べて費用が安い
  • 訴訟手続きを依頼できる
  • 登記や供託などの業務も依頼できる

さらに、司法書士への相談方法は以下のステップです。

  1. 詐欺被害に対応している司法書士を探す(ex.日本司法書士会連合会
  2. 電話やメールで相談予約をする
  3. 司法書士に被害の状況を説明する
  4. 司法書士から解決方法や費用について説明を受ける

初回相談は無料のところも多いので、まずは気軽に相談して依頼するか検討してみましょう。

なお、被害額が140万円を超える場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士への相談手順

弁護士への相談手順

詐欺被害に遭ってしまった場合、まずは弁護士に相談するのがいいでしょう。

弁護士に相談することで、法律に基づいた適切な対応をアドバイスしてもらえたり、被害回復に向けた手続きを進めてもらえたりします。

以下では、横山法律事務所への具体的な相談手順をご紹介します。

LINEお友達追加をする

まずは、横山法律事務所の公式LINEをお友達追加しましょう。

公式LINEをお友達追加するやり方は、以下の通りです。

  1. スマートフォンやタブレットでLINEアプリを開く
  2. 画面上部にある検索バーに「横山弁護士事務所」と入力して検索する
  3. 「横山法律事務所」と書かれた公式アカウントを選択する
  4. 「お友達追加」または「友だちになる」ボタンをタップする

公式LINEを通じて横山法律事務所の弁護士に相談することで、詐欺被害に関するアドバイスと法的な支援を受けることができます。

被害内容を伝える

公式LINEを登録したら、弁護士に詐欺の被害内容を伝えましょう。

被害内容を伝えるポイントは、以下の通りです。

  • 事実関係を時系列に沿って説明する
  • 不利な事実も隠さず伝える
  • 証拠となる資料があれば提出する

弁護士が被害内容を正確に把握するために、途中で被害者に質問することがありますが、より適切なアドバイスをするためです。

また、被害内容を伝える際には「不利な事実も隠さず伝える」ようにしてください。

弁護士は、被害者を有利にするためにアドバイスをしますが、不利な事実を隠してしまうと、適切なアドバイスを受けられない可能性があります。

振込明細を送る

振込明細とは被害金額を証明する重要な証拠なので、弁護士に送るようにしてください。

弁護士へ振込明細を送る準備と流れは、以下の通りです。

  1. 振込明細の原本を準備する
  2. 振込明細に記載されている内容を正確に確認する
  3. 弁護士に振込明細を送る
  4. 振込明細に記載されている振込先の情報を記録する
  5. 弁護士から確認を受ける

振込明細に詐欺の証拠となる情報が記載されているのか、確認してから弁護士に送りましょう。

横山法律事務所には無料の相談窓口があります。
被害者それぞれの事情を伺った上で、必要な対処法を考えご提案させて頂きます。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.