tts
仮想通貨詐欺

ブラックストーンは投資詐欺?出金できない場合の対処法や相談先

ブラックストーンは投資詐欺?出金できない場合の対処法や相談先

ブラックストーンを名乗る業者に投資したお金が出金できずに困っていませんか。

ブラックストーンは、実在する投資ファンドを装って、偽サイトに入金させたお金を騙し取る投資詐欺の可能性があります。ブラックストーンの詐欺の特徴は、SNSを通じて「高い利益を約束する」と謳い投資へ勧誘してくることです。

本記事では、ブラックストーンの詐欺に遭った際の対処法や相談先を紹介します。

\返金請求の相談受付中/

ブラックストーンは投資詐欺?

ブラックストーンは投資詐欺?
ブラックストーンは投資詐欺の可能性が高いといえます。Web上に存在するブラックストーンの情報は以下のとおりです。

  • アメリカの投資ファンドを装った偽物
  • 金融庁に登録されていない詳細不明な業者

ブラックストーンを名乗る業者からの勧誘には乗らないことがおすすめです。

アメリカの投資ファンドを装った偽物

ブラックストーンは、アメリカの投資ファンド「Blackstone」を装った投資詐欺の可能性が高いといえます。「Blackstone」は、公式HPでブラックストーンを名乗る詐欺について注意喚起しています。

参考:フィッシングおよび詐欺について|Blackstone

アメリカの投資ファンドが日本語で注意喚起するほど、日本での詐欺被害が拡大していると考えられるでしょう。

ブラックストーンは実在する投資ファンドを名乗る点からも、非常に悪質性が高いことが伺えるため注意が必要です。ブラックストーンを名乗る業者から投資へ勧誘されても入金するのはやめましょう。

金融庁に登録されていない詳細不明な業者

ブラックストーンは金融庁に登録されていない業者のため、詐欺の可能性が高いといえます。

金融商品を売買するためには、金融庁への業者登録が必要です。金融庁への登録が済んでいる場合は免許・許可・登録等を受けている業者一覧で確認可能ですが、ブラックストーンは掲載されていません。

詳細不明の業者から金融商品を購入することは非常に危険であり、大金を騙し取られる場合があります。金融庁未登録のブラックストーンからの投資勧誘は、詐欺の可能性が高いため注意しましょう。

ブラックストーンの詐欺と本物の相違点

ブラックストーンの詐欺と本物の相違点
詐欺が疑われるブラックストーンとアメリカに実在する「Blackstone」の相違点は、以下のとおりです。

  • SNSを通じて投資へ勧誘してくる
  • ハイリターンを約束する
  • 入金を促す過度なプレッシャーをかける

名前だけで信用できる業者だと判断せず、相手の行動や言動に注意を払い、詐欺師に騙されないようにしましょう。

SNSを通じて投資へ勧誘してくる

ブラックストーンの詐欺と本物の相違点は、SNSを通じて投資へ勧誘してくることです。本物のBlackstoneは公式HPの注意喚起に記載されているとおり、SNSを通じて投資へ勧誘することはありません。

お金を騙し取る確率を高めるために、不特定多数に対して同時にアプローチできるSNSを活用することは、詐欺師グループの常套手段です。

見知らぬ人がSNSを通じて投資へ勧誘してきた場合は、無視することをおすすめします。

ハイリターンを約束する

ブラックストーンの詐欺と本物の相違点はハイリターンを約束することです。世の中には100%儲けられると断言できる投資は存在しないため、本物の投資ファンドであれば確実な利益は約束しないでしょう。

「確実に利益が出る」「元本保証」などと謳って投資へ勧誘してくるのは、詐欺師グループのみであり、入金してはいけません。詐欺師グループは、お金を騙し取ることを目的としており、無責任な言葉を並べて投資へ勧誘してきます。
ハイリターンを約束すると謳っている業者への投資はやめましょう。

入金を促す過度なプレッシャーをかける

ブラックストーンの詐欺は、本物と違って入金を促す過度なプレッシャーをかける傾向があります。詐欺師グループが過度なプレッシャーをかけるのは、相手の判断を鈍らせ感情的な決断をさせるためでしょう。

入金の期限を定めたり何度も入金を促したりしてくる場合は、詐欺師グループの可能性が高いといえます。本物の投資ファンドは相手の意見や判断を尊重するため、プレッシャーをかけて入金を促すことはありません。

投資へ勧誘してきた相手から違和感を抱くほどのプレッシャーを感じたら、詐欺を疑いましょう。

\詐欺被害の返金請求は早めの行動が肝心/
※こちらからお電話することは一切ありません

ブラックストーンの詐欺に遭った際の対処法

ブラックストーンの詐欺に遭った際の対処法
ブラックストーンの詐欺に遭った際の対処法は以下のとおりです。

  • 被害に遭った証拠や相手の情報を集める
  • 投資詐欺に強い専門家に相談する

詐欺の返金請求では早めの行動が肝心です。被害に遭って長い時間が経過するほど、被害回復が困難になります。ブラックストーンの詐欺に気づいた場合は、直ちに被害回復に向けて行動しましょう。

被害に遭った証拠や相手の情報を集める

ブラックストーンの詐欺に気づいた場合は、被害に遭った証拠や詐欺師の情報を集めることが重要です。訴訟や告訴によって詐欺の被害金を回収するためには、警察や裁判所に詐欺師の情報と被害の証拠を提出する必要があります。

情報や証拠が不足していると、返金請求が認められなかったり捜査をしてもらえなかったりする場合があるでしょう。返金の可能性を高めるために、詐欺被害に遭ったことを証明できる情報を1つでも多く集めることをおすすめします。

投資詐欺に強い専門家に相談する

ブラックストーンの詐欺に遭った際は、投資詐欺に強い専門家に相談することが重要です。詐欺被害の解決のためには、複雑な法的手続きや詐欺師との交渉が必要な場合があります。一般人が法的手続きや詐欺師との交渉を進めることは困難であり、ストレスがかかるでしょう。

投資詐欺に強い専門家に相談することで、被害回復の手順や必要な手続きへのアドバイスがもらえます。ブラックストーンの詐欺に遭った場合は、無理して個人で解決しようとせず、専門家に相談することがおすすめです。

ブラックストーンの詐欺に遭った際の相談先

ブラックストーンの詐欺に遭った際の相談先
ブラックストーンの詐欺に遭った際の相談先には以下のような機関があります。

  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • 警察
  • 弁護士

すべての相談機関には守秘義務があるため、詐欺に遭ったことを家族に知られることはありません。詐欺に遭った場合は、極力早く相談することをおすすめします。

証券・金融商品あっせん相談センター

ブラックストーンの詐欺に遭った方は、証券・金融商品あっせん相談センターに相談できます。

特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センターは、金融庁・法務省の認証を受けている信頼できる相談窓口です。FINMACとも呼ばれており、専門の相談員が、消費者と金融業者間で起こった問題を解決するための助言や仲介をしてくれます。

FINMACは当事者同士の解決を目指してアドバイスしてくれるため、穏便に詐欺被害を解決したい方はぜひ相談してみてください。

警察

ブラックストーンの詐欺に遭った際は警察への相談も有効です。

警察は全国で起きている詐欺事案に関する情報を持っているため、さまざまな詐欺の手口を熟知しています。ブラックストーンのような詳細不明の詐欺について相談する際には、最適な機関といえるでしょう。

警察による捜査でブラックストーンの詐欺師グループを追い詰めるためには、告訴する必要があります。ブラックストーンの詐欺に気づいた時点で警察へ相談しておくことで、告訴に必要なサポートも受けられるでしょう。

警察への相談は、迅速な詐欺師逮捕や犯人への処罰を求める方におすすめです。

弁護士

ブラックストーンの詐欺に遭った方は、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士は法律のプロとして、詳細不明な詐欺師グループへの対応や必要な法的手続きを熟知しています。弁護士に相談するメリットは、法的手続きや詐欺師グループとの交渉を一任できることです。

投資詐欺に強い弁護士に相談することで、ブラックストーンの詐欺によって失ったお金を取り返せる可能性が高まります。

ブラックストーンへ返金請求したい場合は、投資詐欺に強い弁護士に相談しましょう。

ブラックストーン詐欺のご相談は当事務所へ

LINEグループの投資詐欺は当事務所に相談
ブラックストーンの詐欺に遭った方は当事務所へご相談ください。

当事務所は詐欺事案に強く、ブラックストーンのような詳細不明の詐欺師グループへの対応を得意としています。投資詐欺事案の返金実績が豊富にあるため、さまざまなケースに応じた解決が可能です。

当事務所では、詐欺事案を極力早く解決するために24時間365日無料相談を受け付けています。 ブラックストーンの被害に遭って困っている方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

\返金請求の相談受付中/
©FX・仮想通貨投資詐欺の返金相談窓口-弁護士法人横山法律事務所. All Right Reserved.